Bag

いきあたりばったりの旧アンダリヤ

昨日の通院の帰り道、猛烈に「みちくさ」がしたくなり
いつものタクシーの運転手さんが「ご自宅までご案内します。」と言ったのに
「予定が変わったので・・・」っと無駄にもったいぶって行き先変更した。
そもそも予定なんてあらへん。



旧アンダリヤ03

「みちくさ」の目的はネットで注文しようか迷っていたリーフィー。
色がモニターで見て注文するにはリスキーだなっと二の足を踏んでいたし
折角出かけたんだから現物を見ておこうかと♪
気持ちとは裏腹に身体がついていかない。ユニオンウールさんで椅子を出してもらって
ヘロヘロ状態な体調でアドバイスをもらいながら糸を選んだ。本当ありがたかった。




帰宅後、新しいリーフィーを編みたくて仕方なかった。
えぇ、勿論買いましたの。オホホホ・・・
編みかけを増やすのは気が引けたため我慢!!


なんだかんだで先程やっと旧アンダリヤバッグの本体は編みあがった♪
縞模様のバランスは糸残量と相談しつつ編んだので本来編みたかった模様とは若干違うけどキニシナイ。



Dカンとハトメリング


ユザワヤで買った両面ハトメ(穴があく)とDカン。これらはバッグの持ち手用のパーツ。
旧アンダリヤcol.155は残量2g、col.40は残量5g!!
5gでバック細編み一周できるんだろうか?(気力が続けばチャレンジするかも)
写真を撮ったあと、仮止めしてたら予定数よりハトメが足りない!
即、新たにネットで追加注文した。




さて、注文したハトメが届くまで時間あるし、、、
リーフィー編んでみよかな~♪←結局編みかけが増えとうやん?っというオチ・・・(汗
スポンサーサイト

完成★旧アンダリヤのバッグ

6月初めから編んでいた旧アンダリヤのバッグが完成した!

完成までの迷走っぷりを完成画像と共に読んでくださいませ♪
文面が浮かれモードの自画自賛オーラ満載なのは
完成直後の嬉しさの現れなので許してやってくださいネ♪



旧アンダリヤ05
ちゃんと持ち手も無事付きました!色あわせがバッチリなのが何よりウレシイ♪

編みはじめた当初、バケツ型のトートバッグにしようと思っていた。
サイドを編みはじめて、分散増目をしなくてはいけない事に気が付き
「面倒くさい!」が先行。編み方が単純な筒型タイプへと予定を変更。




旧アンダリヤ06
見た目より、収納力は有り!ただし、トートに比べれば物の出し入れはしにくい

本体が編み上がって「内布は面倒!」という思いから巾着タイプに決定した。
そして麻紐を通してみたら、案の定すべりが非常に悪い。
編んでる段階で穴が出来るように編んでないんだから当たり前なんだけど。
そこでハトメリングを使う事にした。これは思いつきの割りに大正解だった!
穴径5mmのリングは細編みの目と目の間から抜け落ちる事もなく、目を潰す事もなくピッタリだった!



持ち手が最後の最後まで買うか?作るか?編むか?で悩みまくった。
結局、手持ちの革を切って、貼って、縫って・・・とイチから自作する事に。
初トライだった割りに、いい物が出来た♪(っと思ってる)
勿論、端ミシンがずれてたりもするし、綺麗に端が揃ってない部分もあるけれどパッと見はOKなはず。


IMG_2299
編み方はとてもシンプル。
円形底+筒型の単純な編地を巾着にした事で形に変化が出た!しかも自立する!


このバッグ、余り糸消化の予定だったので糸は一切買わなかったけれど
副資材を使いたい放題に使ってしまった。
おかげで後半は編物とは言えない分野に手を出してた感がたっぷり。
1つ1つの作業は難しくはないけれど、「失敗したら終わり」という
かなり神経を使う試みの連続だった気がする。
その分、作ってる最中は上手くいくかどうかハラハラしてスリルたっぷり!楽しかった♪




旧アンダリヤ07
めっちゃ素敵やん♪
最後に実際に持ってみると、ちゃんと肩からもかけれて便利。
手がプルプル振るえてピントが合ってないけど完成直後の嬉しくて仕方ない時の写真。


喜んで写真を撮りまくってたら、
お約束のように背後から毒舌女王=母登場。

「腰に付けたらドジョウすくいにピッタリね!(^ー^)」

・・・。イマドキ、ドジョウすくいなんてしてる人いてんのかー!!と心で叫ぶ私。




また少し、強くなれる気がする。負けるもんかっ!!。・゚・(ノд`)・゚・。


少し強くなれたハズだからリーフィーのバッグを
週開けから頑張ろうと思う!・・・玉編みがキッツイねんけど。







Ravelryのページ→Market Bag



完成★リーフィーのバッグ

リーフィーのバッグが完成デス!
編みはじめは糸の色がどうなのか心配でたまらなかった。
でも、結果は夏らしい爽やかな色のバッグに!!めっちゃウレシイ♪
相談にのってくれたお店の人に大感謝!!



IMG_2384
まずは正面からコロンっとした形がとってもかわいい♪





編み図にある玉編みは頭で想像していたよりは、ずっと簡単だった。
ただし、3本取りでサクサク編めるか?と聞かれると答えはNO!!
カサカサした糸なので毛糸の3本取りと同じようにはいかず途中で何度も嫌気がさした^^;

そして手首への負担も大きく、気分的にはアンダリヤのラフィーとかツインとかに近い。
きっと無意識に力が入ってしまうのが一番の問題だとおもう。これは修行あるのみかな~。
一般的なかぎ針の正しい持ち方ではなく、フォークを持つ感じで針を握って編む方が楽だった。




IMG_2390
前から:鞄としての容量はハンカチ、財布、手帳、携帯、鍵ぐらいはOK



本の指定では持ち手は手に持つタイプだけれど
都合、肩からかけるタイプのほうが使い勝手が良さそうなので13段ほど多く編んだ。
これは 同じバッグを編まれている人のブログで紹介されていたのを見て
私もそうしよう!と編む前から決めていた♪大正解だった♪
こういうアレンジを紹介してくれてるブログは初心者には本当ありがたいです!



IMG_2389
後から:指定の6cmのボタンをユニオンウールさんで購入
現物を見た時、いくらなんでも大きすぎるのではないかとこれまた心配だった。
こうやって付けた状態を見るといい感じじゃないですか?


結論:リーフィー独特の風合いでいい感じに仕上がった♪早く梅雨が明けて欲しい!!


Ravelryのこのバッグのページ→Blue Summer Bag
※使用糸、針、編み図等の詳細書いてます






シマシマ鞄を編みはじめ

大物が続いたせいで疲れた事もあり、
随分前から気になっていたフリーパターンのバッグを編みはじめた。

Ravelryで合う糸があれば いつか編みたい・・・とqueueに入ったまま
昨年のkalに参加出来ずにいたバッグ。
ピッタリな純毛100%糸をこのバッグを編め!と言わんばかりの勢いで
プレゼントされたので1年遅れでウキウキしつつ編む事にした。

Garter Stripe Square Bag01

画面左上の四角いモチーフは15目×15目
右側の5枚つなげたモチーフは17目×17目

他のプロジェクト(完成写真、糸量、目数など詳細をUPしてくださってる)を
参考に最初17stで編みはじめてみた。
そして糸始末が少なくて済むというコメントを読んで
糸始末大嫌い病の私は素晴らしい♪と感動。
即、真似してみた。

でもね・・・

画像からも解るように明らかに技術不足。

Garter Stripe Square Bag02
粗い画像でスミマセン

2枚目のモチーフの黒糸で表編み1段目の最後の目まできたら
1枚目のモチーフの端の目を拾い目をして2目一度し、表編みで戻っていく(裏面を編んだ事になる)
次に白糸に変えて白糸で1段目の最後まできたら先程と同様に
1枚目のモチーフの端の目を拾い目して2目一度・・・
っとこれを繰り返して編み進めた結果が最初の写真の5枚のモチーフ。

多少継ぎ目が汚くても後でフェルト化させるのだから気にしなくてもいいはず。
ただ編み進むうちに汚いなぁ・・・っと見るたびに気になって気になって・・・。
結局、17st×17stのモチーフ1枚の糸量を測って全て解きました。

面倒くさいけど、これも糸始末苦手意識克服修行と思って
22枚編み上げてから繋げる方法で行く!!!



Garter Stripe Square Bag


※ちなみにフード付きのベストは編みあがりました。
あとはボタン付けを残したまま放置決定!
完成させて即着たい気持ちでいっぱいだけど送料高いし
ボタンはまとめ買い&一気にまとめて完成する予定です。

完成★Garter Stripe Square Bag


Garter Stripe 004

22枚のモチーフを編み上げてシマシマかばんが完成しました。





Garter Stripe 001
ハンカチ、ティッシュ、リップクリーム、ハンドクリーム、お財布2(長財布&がま口小銭入れ)、鍵、エコバッグ
これら全て収まります。(若干プクプク気味ではあるけれど)


15目のシマシマにしたので小ぶりで可愛らしいバッグになりました。
小ぶりとはいえ、ちょっと出かける程度のモノは十分入ります。





Garter Stripe 002

モチーフを22枚繋げる作業と糸始末の面倒くささは予想より大変で
更にソレが終わった後のフェルト化作業は更に大変で泣きそうになりました。
というのも使っている洗濯機は50℃以下のお湯でないと使えない仕様だったため
最終的に手作業でブラシをかけたり石鹸でこすったりと骨が折れる作業でした。





Garter Stripe 005

ボタンは木の豆っぽい形の物を選びました。ボタンを付けるまでは
「なくても十分」と思っていたけれど、付けてみたらやっぱり違う!
少しランクUPした気がします♪




編む工程は何一つ難しい事はないけれど、その後の工程が色々大変なバッグ。
完成してみると今まで編んだバッグの中で一番のお気に入りになりそうです。
裏地は付けなくても十分丈夫そうなのでこのまま大切に使おうと思います♪

プロジェクトの詳細ページ→Garter Stripe Square Bag

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。