Hands

2つ編むのは嫌い

昨年血迷って買ったポームコットンリネンを編みきりたい一心で編んでる
アームカバー。指定サイズにはならないけどコレでOKとします。
追加で糸を買う気はさらさら無いのよねー。

ラベリーのイベントが終了して燃え尽き気味。
数段編んではスグ休憩しちゃう持病:グータラ病が猛威を振るってます。
物事が計画通りに進んだためしが無いのに計画をたてるのは大好きだから困ったもんです。

arm.jpg

とはいえ、ちんたら編んでいても、いつかは完成するもんでして、
やっと半分(片側)が編み上がりました。
でも、もう既に作り目した段階で片側編むのが苦痛で仕方ありません!!
他のモンが編みたいんじゃーっ!!!←心の叫び

こんなんやから、いつまでたっても
「靴下や手袋は完成しない。でも何故かソレ用の糸を買ってしまう」
というセツナイ事情を抱える羽目に陥ってしまうんやね。


さぁ、カネコヤさんのセールに惨敗した事だし
諦めてしばらくこのアームカバーと格闘します。
イイサ、イイサ、買えなくてもイイモン(´Д⊂




p.10 Lace armcover 模様編みのアームカバー

ハマナカ毛糸 ポームコットンリネン

ハマナカ毛糸 ポームコットンリネン
価格:310円(税込、送料別)




いつもコメントありがとうございます。このたび、コメント欄を閉じる事にしました。

ブログ、メール、ツイッター、mixy、フェイスブックと色々手を出しちゃった事で
全てをきちんと管理するのが難しくなってきました。
今後は拍手の欄を「読んだよ!」と気軽に押してもらえたら嬉しいです。

スポンサーサイト

完成★編物&縫い物

空に雲ひとつない快晴の午後
だらだら編んでいたアームカバーが完成しました♪


arm01
表側はレース模様が続くシンプルなパターン
日焼け防止の意味で使うと多分、この穴の形に日焼けするんだろうなぁ・・・。
単純なパターンゆえ、飽きがきますが完成してみると
控えめで可愛らしいじゃないですか?



arm02
裏側はリブ。ここが伸縮してある程度のフィット感が生まれるらしい。
全体的にゆとりのある(だぶついた感じ)デザインらしく、
手袋のようなフィット感は皆無。
本のモデル画像もそんな感じでクシュクシュっとルーズに使用するみたい。



arm_skirt
そして、こっそり完成していたスカート、先日編んだ半袖プルを合わせて
記念のお写真を撮りました♪完成して浮かれているから多少の難点は許してください。

スカートの両サイドのポケット、後のコンシールファスナーちゃんと
つきました!が、縫い目がガッタガタなのでUPは写しません。
ぉぃぉぃ、誰に見栄はってんだ?って話ですが悲しいので勘弁してください

スカート丈が本にある型紙どおりだと、ミニマムな私には長すぎたので
大幅にカットして丈を膝が隠れる程度の長さに短くしました。
もっと短くタイトなカタチのほうが似合うはずだけどどうやったらいいのかわからんのでパス


p.10 Lace armcover 模様編みのアームカバー


さぁ、次の記事は…懺悔記事になりそうです。
押入れを整理中です・・・(汗

病院での検査結果が良かった事、ここ数日いいお天気が続いている事で
体調が未だかつて無い位に調子がいいです!!
やっと自分に合う薬にめぐり合えたのかも?このまま順調にいけるとイイナ♪









昭和レトロな感じの布です。ペラペラじゃなくある程度しっかりした布。
2m買っちゃったので余った布はバッグの内布等に使うつもり。


ハマナカ毛糸 ポームコットンリネン

ハマナカ毛糸 ポームコットンリネン
価格:310円(税込、送料別)

編んでる間はリネン特有の毛羽が気になりました。
編み上がると柔らかくお洗濯したらサラ&シャキッとします。
着心地もコットン100%よりもサラっとした印象。
編んだ半袖プルを3回程洗いましたが縮み、伸び共にありません。優秀!




今回選んだ本。説明は写真付きで丁寧。型紙が付いてます。
図書館で借りて内容がよかったので即購入しました。次回はブラウスに挑戦したいな♪



古い本ですが、ポームの作品が多数掲載されていて
ベビー物(~80cmサイズかわいいです!ベビー)に特化した本もいいけれど
ちょっと贈り物に編む程度なら大人用の作品もタップリ載ってるコチラで
十分じゃないかな?っと思います。


北欧のニットこものたち:Lapland Mittens


Lapland Mittens01
「北欧のニットこものたち」日本ヴォーグ社 (2005/09)より
Lapland Mittensを編みました。
画像がピンボケっぽいですが、繰り返し編みなおした為に糸がモヘヤ化しちゃった。



Lapland Mittens02

前回UPしたベストの仕上げ作業が嫌で「浮気編み」と称して編みはじめたミトン。
糸量を考えずに配色だけ気にして取り組んだため、もう片側を編む糸が無い!


ねじりフチという編み方を編んでみたくて飛びついたけれど
本を読んでも動画を見ても私には理解できませんでした。
何回かトライするうちにそれっぽくなったと喜んだけれど、
ねじる向きが逆に仕上がる始末・・・。

いいの、編むのを楽しみたかったんだしっ!!

ともあれ、並太クラスを使ったせいかかなり厚みのあるミトンに仕上がった。
サイズも私には大きめ。次に編む時は針の号数を落として編んでみようと思う。
片側だけなので鍋つかみとして使うつもり♪
(もし糸があっても、もう片方編む気力は無い!!)




プロジェクトページ→Lapland Mittens

北欧のニットこものたち:Norwegian Mittens

mitt 003
また、「北欧のニットこものたち」日本ヴォーグ社 (2005/09)より
Norwegian Mittensを編みました。
また、片側だけです。すみません。飽きっぽいんです。
片手だけなのでs付けちゃダメですね。


mitt 002
裏側はこんな感じ。
表側の模様より、裏側の模様が編むのもデザインも好きです。

前回のLapland Mittensで何を見ても調べても意味不明だったねじりフチが
本の通りの方向にねじれて編めたので満足です♪
※要は糸を上からかけるか、下からかけるかの違いのようです。(確信がまだありません)
※最初から3色でやろうとせず、2色で始めたら理解しやすかったかもしれません。

mitt 008

片側とはいえ、完成したので
「これからも よろしく♪」
ってな感じの握手ポーズを最後に撮影!



プロジェクトページ→Norwegian Mittens p. 38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。