ミシン一年生

ミシン1年生★ブックカバー

週末にはベストの前身頃完成させよう!っと小さな志を持ってたけど
どうにも針が進まず、気分転換にミシンを使ってブックカバーを作ってみた♪
厳密に言うならノートカバーなんですが


IMG_1865.jpg

お裁縫は怖くて普段から触手が伸びない。

裁断をミスしたら編み物のように元に戻せないのが恐怖、
ミシンのあのスピード感が恐怖(たとえ一番低速で走らせたとしても)、
アイロンとかしつけとか下準備が面倒で億劫

ですが、物は練習あるのみ!っとミシン一年生。4月やしねー♪





この動画の陽気なBGMと共にそんな恐怖を忘れ楽しく縫えそう!っと
とりかかったけど、動画のようなスピーディーな作業はミシン一年生には無理。
接着芯だのポケットの縫い方だのてこずって結局2日がかり、へとへとになった。


IMG_1866.jpg

綿密に計画したはずなのに厚みの計算をミスして若干ガバガバ感が残ります…
でも小さすぎて使えないより色々メモしたりスクラップして厚みが出てもOKな仕様って事にする!

動画は手順を参考にして
型紙は「素敵にハンドメイド4月号」に掲載されていたのをガッチリチェック!


IMG_1868.jpg

カードポケットを作って実用度もUPしてるはず。(これがメッチャ難しかった)
端ミシンすら超びびりながらの作業だった・・・ちょっと見た目が寂しい感じもする。
地味だけどシンプルイズベストって事で許してもらおう♪



スポンサーサイト

ブックカバーその2

ほどいたポームレースを編む気になれず、
先日作ったブックカバーをピッタリサイズにとリベンジしました。



IMG_1919.jpg

今回の布はストライプの浴衣とかに使うような布。
ミシン1年生なので贅沢言わずに半端に残ってる布の寄せ集めで縫いました。
サラサラっとした感じで気持ちいいです♪



IMG_1926.jpg

前回の教訓を踏まえてサイズはバッチリ!!パタンと開いてくれるのが便利です。



IMG_1928.jpg

ポケットの数も増えました。
カードケースサイズのポケットが4つ、ニットゲージが入ってるサイズの横ポケットも1つ。
欲を言えばペンがさせるタグみたいなのを作れば良かったなぁと反省。



パッと見た目は前回より数段グレードUPした気分でウレシイ!!
制作工程では端ミシンの幅が均一にならなくても何でも
「中々才能あるんじゃないのー!!ミシン使えてるやーん!」
なんて完全に浮かれモード。




でもね

IMG_1929.jpg

ミシン一年生の修行は続くよ…(´-ω-`)




ストールと編み針ケース

お天気が良かったり悪かったりですが日に日に暖かくなって(暑い日もある?)
体調は絶好調とは言えないまでもボチボチいい感じでウレシイ♪

黒のベストのファスナーはサイズ変更があるのに注文して
2日というマッハなスピードで届きました!!ファスナー付けが億劫で放置しとります。
アベイル・コマドリさん、ありがとう&ゴメンナサイ^^;




そこで春夏計画のソーイングプロジェクト(チョット格好つけましたよ!)の2つ目。
「編み針ケース」に着手しました♪

IMG_1950.jpg

生地は半端もんとキルティング生地、リバーシブル生地をミックスさせて縫う予定。
ソーイングは初心者丸出しなのでお店の方のオススメそのままに
バイアステープも買ってみました。
しかし、縫いが解らんのだが…(汗)あとで調べよう!


地味に成長してたポームのストールは本体が編みあがりました!やほーぃ♪

paume06.jpg


かなり根をつめて編んだせいか毎朝、両手共にビックリするぐらい腫れてちょっと怖かった。
薬が切れた寝起きは痛すぎてどないもならんのですが、
鎮痛剤を飲んでる間は肩こりも頭痛も鈍痛も身体のあらゆる痛みから解放されます。
たとえて言うならスーパーマリオブラザーズでスーパースターを取った時の感じ。
お薬ってスゴイなーと思いつつ、それだけキツイ薬を飲んでいるって事。
いずれにせよ気分よく編めるのはええことやしウレシイ。


お花見行きたいけど行けないので、ベランダから見える景色を眺めつつ
ニットアウト?気分を堪能中です♪毎日お天気やったらええのにー♪

完成★かぎ針ケース

case01.jpg
ケースのサイズ:18cm×10cm(三つ折時)
ポケット数16個


2012年春夏計画のひとつ「編み針ケース」が完成しましたよ♪



キルティングの生地と薄手の綿の布(接着芯貼りました!)を合わせて縫うと
結構な厚みで「針折れるんちゃうか?大丈夫なんやろか?」っとビクビクした。
縫い目はビクビク度合いのバロメーターなのか乱れまくってた。




case02.jpg

「後でバイアステープでガタガタの縫い目が隠れるから平気!」
っと何度も自分を励まして縫ったはいいけど、よく考えたら
バイアステープで包んで縫う時は更に厚みが出るわけで、角とか縫うときは
そりゃーもうエライ厚みになった。



目打ち片手にちまちまほどいて頭に浮かんだのは
「マチ針打っても、しつけをしても、真っ直ぐ縫えない私は
ある意味スゴイ才能なのかもしれない」っと最後は開き直ってやった。


case03.jpg

写真からは解りづらいけどポケットは全て2段にして収納力UPを狙ってみた♪

ポケットの幅は同じにしたつもりが何故かみんなバラバラ。
チャコ線を消すべく水洗いしたらキルティング生地が思いのほか縮んでしまった。
キルティングの生地もはじめに水通しするべきなの?




とはいえ、2mぐらい離れて見ればおかしな感じはしないと思う。
何よりこの表布の模様がシックで気に入ってる♪
ちょっと和テイストでユニセックスなのを狙ったからそのあたりは大成功だったと思う!

あとはキレイに縫う腕(スキル)だ!← 一番クリアしにくい問題



さぁ、次は可愛いペーパーヤーン、リーフィーの出番だよ♪

IMG_2020.jpg

ミシン一年生、生地屋へ行く

先日のUPから約2週間、ぶれる事無くロッキーな日々を過ごしてました。
さて、その空白の2週間のハンドメイドライフ。


手芸本の本棚の整理をするはずが、棚からおろしては
手にとって読んでしまいこれっぽっちも片付かない。
更に血迷って新たに注文し増えた。という摩訶不思議現象が起こっとう。



そんな中、チラペラ読み(写真だけ眺めて放置)して放置してた雑誌が目にとまった。
数日前にダラダラベッドで寝たまま観てたTV番組でやってた内容だった。

gimon.jpg


たしか、TVでは先生らしい人が
「早い人で2時間位、普通の人でも1日もあれば出来ますよ♪」
っと言っていたような記憶が・・・
作る気なかったのでアンマリ真面目に観てなかった事を激しく後悔。




作り方の手順を読んで「はじめてさんでも大丈夫!」の言葉だけを頼りに
すでに出来上がったブラウスを着て鏡の前で一人ファッションショー気分になっていた。
天気も良かったし必要な材料をメモし「生地屋のおっちゃん」の店へGO-!!

花柄の布

買ってきたのは

・110cm幅×150cmのコットン100%布
・0.7mm幅のリボン130cm
・布地に合うミシン糸


生地屋のおっちゃんと世間話を一通りして、ブラウスを作りたい事を
伝えアドバイスをもらいながら選んだ。
白い糸は家にもある。でもそれがミシンに使えるのかどうかなんて知らん。わからん。
本の指定サイズ112cm幅じゃないとアカンと伝えたが、110cmで十分との事。
ホンマに大丈夫なのか疑問だったが私自身の腕の方がよっぽど疑問イッパイなので、
この道のプロであるおっちゃんの薦めるモノは素直に買う事にした。



おっちゃん(推定65歳↑)は最後に
「いっぱい失敗しぃや~^^ほんで出来上がったら見せに来てやぁ^^」
っと昔ながらの商売人らしい会話でしめた。



個人商店なのでネットショップで見るような値段では勿論ない。
間違いなく割高だし、種類もネットほどはない。
でも、ネットにはない気分のいい買物ができた♪頑張って作るぞー!



ぁ・・・本棚の整理は…更に増えてきたのでしばらく放置します。






明日は いよいよ新しい薬を打ちに行きます。

前回の診察時に「副作用はどんなんですか?」と聞いたら
「最悪は心不全ですね、強いアレルギーとかね^^」っと明るく言われましたよ(暗
お医者さまの言葉&態度が病気の痛み以上に精神的にズシっと来るんよねー。

今度こそ、薬が効きますように!身体に合う薬でありますように!

ミシン1年生★ブラウス完成

Eテレで放送されてたシンプルなブラウス。
「はじめてさんでも大丈夫!」のキャッチコピーに
勇気をもらいつつちっとも大丈夫じゃなかったけれど完成しました!!




シンプルブラウス02
型紙をカレンダーの裏を利用して写しとり裁断

ちゃんと型紙を写すための紙があるらしい。ミシン一年生にはそれが
どれ程の価値があるのかわからない。なのでカレンダーの裏で十分!

・型紙に縫いしろの幅を1cmとか2cmとか書き込んでおくと便利
・合い印や布の方向、パーツの名前(前身頃とか)も忘れずに書いておく。




シンプルブラウス.3
はじめてのボタンホール

数種類付属してるミシンの押さえの中に「ボタンホール用」に付けかえ、色々ある
縫い方の中からボタンホールを選んでしまえば、自動で縫えてしまうというスグレモノ!

いきなり縫うのが怖かったので裁断後の半端な布切れで何度か練習した。
うまく布が進まず同じ部分に針が何度も落ちてしまいグチャグチャになる事数回。
どうやら原因はミシンがポンコツだからではないみたい。
「きれいに縫うための基礎の基礎」に載っていたやり方で再トライ。一発で解決!

・ボタンホールを縫う部分の裏側に接着芯を張って縫うと布が歪まず縫いやすい。
・リッパーで穴をあける時はマチ針であらかじめ切りすぎないようにガードをすると安心




シンプルブラウス04
一番厄介だったボタンホールは綺麗にできた!

ただ、リボンを通しておく部分の1cm幅で縫わなきゃいけないのに
一部歪んで細くなってしまい布の中でリボンが歪む・・・が、まぁこれも愛嬌♪

・カーブを縫う場合、出来上がり線よりも0.1~0.2cm上まで
切れ込みを入れると綺麗に曲がる
・こまめにアイロンをあてる、不安な時はしつけをかける(これが面倒臭いんねん!)




シンプルブラウス01

できたー!完成です♪


折角丁寧にうつした合い印が合わず、
何のための合い印なの?合い印じゃなくて迷い印かよ!っと
途中自分を呪いそうになったけれど、完成した。

完成して眺めたら、無地ではない柄模様のおかげで縫い目がガタついてるのも
歪んでるのもその他諸々の失敗はさほど目立たない・・・ハズ!


もう少し暑い季節になったら、さっそくこれを着て出かけたい♪












~ミシン1年生メモ~
出来上がりサイズ:バスト約115cm、着丈61.2cm、そで丈35.5cm
※Lサイズの型紙使用

生地:110cm幅×150cm(Mサイズは140cm)綿プリント薄手
※本は112cm幅とあるが110cmで作れました
リボン:0.7cm幅×130cm

糸:ミシン糸
※ニット用が良いと本にはあったけど普通のミシン糸で縫いました

他:裁縫道具一式

参考本:下記参照

【送料無料】きれいに縫うための基礎の基礎

【送料無料】きれいに縫うための基礎の基礎
価格:1,680円(税込、送料別)




残ったハギレの使い道

リボンのブラウス完成後、半端なハギレが出来てしまった。
勿体無くて捨てれない。ブツブツつぶやいたらナイスアイデアをいただいた!

くるみボタンにするアイデア。他所様のブログでよく見かけるけど未体験ゾーン。
調べてみると100円ショップでくるみボタンキットが売ってるらしい。
早速 手に入れて作ってみた♪

IMG_2155.jpg


・半端なハギレ 27mmサイズを選んだので直系6cm位に切る
※ちなみにパッケージの裏側が型紙になってるので便利
・くるみボタン本体上側(金属)
・くるみボタン本体下側(金属)
・土台(白いプラスチック)
・押し込む蓋のような物(青のプラスチック)


IMG_2165.jpg


検索をかければ動画で説明されてたりするので迷うことなく出来た!
ボタンだけでは どないもならんのでゴムを付けてヘアゴムのアクセントに。


IMG_2163.jpg

ちなみに裏側はこんな感じ^^
くるみボタンが隠してくれるので結び目を気にしなくてもOK!


こんなに簡単にできるのなら、もっと早く買えば良かったと思った。
しかし、半端はハギレはまだある!
思い付くもの片っ端から作ってみようかな?



編物は…諸事情により、ちょっとオヤスミ中です。

ミシン1年生★スカートを縫う

久々の「ミシン1年生」シリーズです。
今回の事の発端は図書館で借りてきた「作りながらマスターする、ソーイングの基礎。」


・借りてチラチラ読んで7号から15号までの型紙付きでわかりやすそうだった→即購入

・前回ブラウスで型紙用の紙&服用の接着芯の存在を初めて知った→試したかった!

・偶然にも好みの布を発見したこと→つまり買った

 ミシン1年生のレベルはこんなもんです。




本掲載のパターンは6種類(スカート2点、ブラウス2点、ワンピース2点の計6点)
だけど同じ型紙を使いまわす感じ。ブラウスの丈を伸ばして、袖を無くしてワンピースとかね



どれにしようか迷った挙句、
1番最初に載っている=一番基本っぽいのを選んだ。
流行りの物ではないし、欲しい形のスカートではない。でも、ミシン1年生にはコレで十分。




IMG_2558.jpg



・メジャー(愛用中のブタさんメジャー)
・目打ち(今回初めて購入、たこ焼き焼くのに便利そう)
・コンシールファスナー(一般的なファスナーじゃなくて専用の物がある事を初めて知った)
・アイロン接着テープ(どう便利なのか謎だけど本に書いてあるので購入)
・ミシン糸(手芸屋のおばちゃんに布の端切れ持参で選んでもらった)
・接着芯(これも本に掲載されているので勧められるまま購入、
 以前のカバン用のものよりずっと薄手でテロテロして伸縮性があった)
・不燃紙タイプの型紙用の紙
(若干の誤差はあるけど自分でひく線より正確なマス目が付いてて安心)
・昭和レトロっぽい紺色のお花柄の布(不安だったので2m購入)
・その他 チャコペン、アイロン、カギホック、マチ針、ハサミなど






IMG_2561.jpg

そして型紙をとりました。

さすが、お金とるだけあるやん!
Az-net手芸さんで購入した型紙用の紙。
コレほど新聞紙やカレンダーの裏紙と違うのか!っと感動した。


1、ツルツル滑らない!布の上に置いてもずれにくい!
2、型紙をマチ針で止めても穴がポコポコ跡にならない!
3、マス目があって初心者の私にとってはガイドになって安心!
4、破れにくい!
5、薄く透けているので元の型紙から写し取るのが簡単!


位置を決めるのに文鎮を使うようにと本にはあるけど、
文鎮は重くて無理かもしれないし無くてもこの型紙用の紙でとった型紙ならピンで止めて問題なさそうだった。





今回のパターンは、写真からもわかるようにダーツがあって、
コンシールファスナー付けがあって(ファスナーは初体験!)、
しかも両サイドにポケットまで付いちゃう・・・ミシン一年生的には盛り沢山な内容。
しかしコレがベーシックスタイル1(基本の基本)って…道は厳しい。






布が2mだから型紙用紙も2m買った。でも良く考えたら1mで十分だった。
ワンピースとか作る時が来たら~♪っと夢見て追加購入検討中。


マス目がないタイプのほうが少しお安い。
慣れてきたらコッチにしようと思う。2mまでメール便対応だし気楽!




今回選んだ本。説明は写真付きで丁寧。
説明が工程ごとにページ割りされてる点は好みがわかれると思う。
例えば・・・
1、ファスナーを付ける(○ページ参照)
2、ポケットを付ける(△ページ参照)
っという感じであっちコッチのページを見て回らなきゃいけない。


この夏買った手芸関連本

台風が近づいているせいか むあぁあっと暑苦しい今日この頃。
皆様いかがおすごしでしょうか?


ipase.jpg
ひそかにベランダで育てていたイタリアンパセリはもっともっとと
夏の日差しにめいっぱい手を伸ばすように葉を広げてて
こっちまで元気な気分にさせてくれる。
自分が育てた欲目もあってかスーパーや市場のパセリよりも味も香りも濃くておいしい♪





さて、ずいぶん長い間、 手芸本(雑誌)を買うのをやめていましたが、
とうとう2冊買いました。

いつも海外パターンを編むとなると、日本のパターンの10倍くらい根気が必要な私・・・。
きっとこの本さえあれば3倍くらいの根気でいける気がするの!!←思い込みは大事。
ネットで調べれば解るっちゃ解るんだけど、イチイチPCやらを立ち上げて
ネットを徘徊し、正解かどうかもわからない答えに迷いつつ無理やり編み進めるよりは
ずっといいんじゃないだろうか?と。

本の中にあるカーディガンは編んでみよう♪
そして、それを理由に糸を買おう♪♪♪





こちらは雑誌。パジャマやらスカートやらバッグやらブラウスやらと
型紙付で内容盛り沢山。「今月号は買いだな!」っという単純な理由。
もちろん、縫えるかどうかは別問題。

子供の頃の家庭科の授業で夏の課題はパジャマだったのを思い出した。

近所の生地屋にみんなでワイワイ買いに行って選ぶまでは楽しかった。
しかし、提出期日にまったく間に合わなくて右袖と左袖を別々の友達に頼んで縫ってもらい
更にポケットも・・・おかげで提出はできたけど成績は散々。
肩のラインは無理やり帳尻合わせたのでひきつってたし、
左右の縫い代が微妙にずれて手足とも若干太さが違っていた。

そんなわけで出来上がったパジャマは一度も袖を通すことなく
記憶の中から消えてしまった。
思えば、材料買ったらもうできた気分病は この頃から患っていたのかもしれない。


ともあれ、この2冊を眺めながら
この夏~初秋に向けて何かひとつ完成させるのが目標♪

ミシン一年生☆ブラウスを縫う

先日ぷちノスタルジックな気分に浸って買った
*「すてきにハンドメイド7月号 2015」NHKテレビテキスト
本来の目的は課題のパジャマを他人任せで提出した
黒い歴史を払拭することが目的だった。

さっそく本にあるダブルガーゼを求めて生地屋のおっちゃんのお店へGO-!!
昔ながらのおっちゃんの店は壁一面に生地がびっしり。
あっちもこっちも気になる生地(模様)で目移りして仕方ない。

IMG_4516.jpg

一通り世間話をして店を後にする頃、私の手には
透かしの花模様の生地が2mとそれに合う糸など等があった。


あれ?ダブルガーゼは?


店内で生地を物色してたら一目見て気に入った生地を見つけてしまった。
あれやこれやと話すうちにパジャマは後日にして
夏のブラウスを縫っちゃうぜ♪的な心境になってしまったのだ。

suteki201507.jpg
というのもEテレでブラウスの放送をチラチラっと見てちょっとイイナと思ってた
→再放送の録画は間に合う!!放送さえちゃんと見ればいけるんじゃないか?
パジャマはテキスト企画で放送は無い
→限りなく不安要素満載+黒い歴史の上塗りになりかねない・・・

そんなこんなで現在、アイロンをかけ終わって
以前でAz-net手芸買った型紙用の不織布で型紙書き写し中♪
袖と前たて、後ろ身頃、襟ぐりんとこのパーツの4点のみ♪
裁断までいけるかな?







ミシン一年生☆ブラウスを縫う2

勢いで縫い始めたタック付のブラウス。

台風接近のニュースが流れる中、母がバブル期に思いつきで買ったミシンと
格闘しつつようやくここまで縫えた。

タック

画像からもわかるように しつこいくらいチャコで印をいれて心の平穏を保つ。
解けば元通りの編み物と違ってもしも失敗したら、
取り返しがつかないプレッシャーが半端ないからだ。
「マチ針を打ったらミシンで縫う」と本にはあるけれど

そんなもんは
ミシン一年生には無理


なので面倒くさいけれど、仕付け糸で更に保険をかけた。
しつけで歪むのにミシンでまっすぐ縫えると思えないっ!


以前、布用の接着のり(ペンみたいなやつ)を使った事がある。
そういう保険アイテムは心強い!と早速使った。
しかし、青い色が白くなる前に接着してくださいと注意書きがあり、
白くなっちゃう前にくっつけなきゃ!!あれ?なんか歪んでひっついた?
ちょっと剥がしてみよう・・・うう・・・もっとヘンテコ位置に糊がぁ・・・(以下省略

落ち着きのないタイプの人にはお勧めできない一品である。

小さな範囲で使うには使いやすいんだと思う。


IMG_4513.jpg
↑の写真は使った後の様子。ロックミシンは持ってないからジグザグのあと
ほつれてくるのが怖くて直線縫いを2回した。


粘着テープ(アイロンで仮止めするタイプ)も使ったことがある。
結論から言うと非常に便利で仕上がりも綺麗♪
ただ、テープの幅が合ってないとはみ出てアイロンにネッチョリついてギャー・・・的な
状況に陥るので慎重に(ぇえ、私はやらかしましたよ;;)


そんなこんなで何度も半狂乱になりつつもタック&袖付けは完成。
タックよりも袖付けのカーブを縫うほうが私には難しかったけど
あとは襟ぐり+最大の難関ボタンホール!!
このまま完成まで突っ走る~♪








ミシン一年生☆ブラウスを縫う3 完成



観測史上1位となる最大瞬間風速71mの風を記録した
台風のニュースが流れる中、幾多の困難を乗り越えて完成しました!
大袈裟だけど本人的にはちっとも大袈裟じゃない


Blouse.jpg
すかしの小花模様が涼しげでとても気に入ってる♪
胸元の3本タックが真っ直ぐ並行にそして均等に縫うのが難しかった。
テキストに簡単にできる方法が載っていたけれどそれすらも難しかった><


Blouse2
印付けしたにもかかわらず、じっくりみると一直線上には並んでいない事に
気がつき発狂しかけたことも完成しちゃえば 遠い記憶・・・(ぇ


完成後 ウキウキで試着して気がついた事がある。
未だにボタンをとめるのに元気だった頃の3倍はかかる状況でして・・・
ボタンいっぱいなのが可愛いんだけど脱ぎ着に若干問題が・・・(汗


もし、同じブラウスを縫うとしたら・・・スナップボタンにして
私にとって着やすい仕様に変更するのもありかなぁ?
先に気がつけよ・・・私(震え声


ボタンホールの1mmのずれやら、脱ぎ着の面倒くささを気にするよりも
ちゃんと外に着ていけるブラウスに仕上がったことを喜びたい^^
お天気の日にさっそく以前に縫ったスカートとあわせてお出かけしたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。