Skirt

ShadowsよりAble編みはじめ

昨日UPした半端糸は糸量を測って手触りの良い物だけを選び考えた結果、
超単純なガーター編みのスヌードにする事にしました。
ほんまに考えたんか?っちゅーくらい単純な思考でスミマセン


で、何も考えずにひたすら表編みを繰り返すガーターを
編んでいると「次に何を編もう?」って考える余裕ができるんですわ。
めっちゃややこしい編地とかだと、糸玉ごと放り出したくなる衝動が襲い掛かってくる事が多いですが、
その点ガーターの巻物なんてチョロイもんです。フフフ♪



そして決定したのは今期の計画で一番後回しにしてたスカート!!
スカートKALに今頃参加する事にしました。
昨年9月開催のKALなので本来の意味のKALになってるのかどうかも怪しいですが・・・^^;

luge.jpg

超有名デザイナーさんのパターンなのに10玉1000円以下の糸で編む私。
指定糸のRowan Limaは50gで1800~1300円。
着るかどうか解らないニットのスカート編むには勿体無い気が…。
というか現実的なお話として、私のお小遣いでは無理!!


グダグダ言ってても仕方ないので、さっさと今の簡単スヌードを仕上て
編みたかったあのスカートに取りかかりたいと思います♪



プロジェクトページ>Able





Shadowsの全パターンが閲覧できるHP
http://www.kimhargreaves.co.uk/acatalog/SHADOWS_BOOK2.html




そうそう、年末年始に糸を買わずに済んだ的な事を書いておきながら
やっぱり久しぶりにやらかしました!
新しい糸やら本を買うとモチベーションがグググーンっとUP♪
後日、写真をとって記事にしたいと思います(^ー^*)♪

Able:スカート丈問題

ガーター編みのスヌードが仕上がったおかげで
同時進行中だったAbleに集中する事にしました。

スカートは過去にブルガリアのスカートを1着編んだのみ。
丈やウエストのサイズが簡単に調整のきく素晴らしいパターンでした。

今回のパターンも例に漏れず、超簡単そう♪
しかも一般的な並太で十分対応できる!!(指定糸は50g100m)


abel01.jpg

画像からもわかるように単純な交差編みの連続で予定よりも早く片側が編みあがりました!


スカート丈が指定どおりに編むと78cm(Mサイズ)
身長が155cmない私が着るとロングタイトになり、
どこぞの場末のバーのママっぽくなりそう&足がもつれてこける危険が・・・

というわけでウエストのゴム幅を考慮して編地の長さを57cmにし
完成サイズが編み膝が少し隠れる程度にとどめることに決定^^


abel02.jpg
単純な編み方なのに早速間違えた!



手持ちのスカートを広げて確認した結果わかった事は
スカート丈は修正する必要があるけれど、ウエストやヒップはそのままでOKって事。


つまり、お尻デカすぎやん!


プロジェクトページ>Able





Shadowsの全パターンが閲覧できるHP
http://www.kimhargreaves.co.uk/acatalog/SHADOWS_BOOK2.html

この本の帽子もいつか編んでみたいと思いつつ、
何となくわかってきたスカートを残り半分仕上ねばっ!

完成★Able

Kim HargreavesさんのShadowsよりAbleが ようやく完成した。

abel06
自分でも解ってはいたけれど、家族から酷評されたケーブル模様のニットスカート。
横綱の化粧まわしっぽいとか、ボリュームたっぷりのスヌードとして使ったら?とか
腹巻きにすれば?とかロングコート着て脱がない日なら外出OKとか、
とにかく本当にもう散々。
体型がそのままラインに出るので外出には相当の勇気が必要だと思う。




編むという面で技術的には交差編みが出来るなら簡単なパターンだと思う。
ただ、一番悩んだのはウエストバンド。

abel03
↑たぶん指定どおりのヘンリーボーンステッチで処理したウエストバンド
本にはこのままで完成って事になっている。

abel05
↑どうしても嫌だったのでゴムバンドを縫いつけた後に
もう一度折り返してかがってみた。粗くかがって表側に響かないように気を付けた。
この作業をした事で、スカート丈が3cm弱短くなった。>55cm弱

abel04
平置きしてみるとケーブル模様がウエストラインからヒップラインにかけて
柔らかいカーブを描いてます。※すそも少しだけ減目が入ってるのですぼまってる。

という事は…このスカート歩けないんじゃないの?




abel07


びよよ~ん!!

そんな心配は無用!
改めて、ケーブル模様はゴム編みなんだな!っと実感した一枚♪
散々な事を言われたけれど履いてると暖かいし、思ってたよりもずっと動き易い。

もし、次に編む機会があれば
落ち着いたダークトーンの色、化繊の入った並太以下の糸をつかって
模様数を増やし薄手仕上るように編んでみたい。
斜行しない糸なら輪編みで十分だと思った。





プロジェクトページ>Able





Shadowsの全パターンが閲覧できるHP
http://www.kimhargreaves.co.uk/acatalog/SHADOWS_BOOK2.html






テープヤーンで編みはじめ♪

5月になったら編むぞとひそかに誓ってたワンピースを編みはじめました。
糸は迷いに迷ってコチラの糸に決定。黒にするか紺にするか更に迷ったけど^^;

Scilla0125043.jpg



編み図はVogue Knitting, Spring/Summer 2012より
#10 Bobble and Bead Dressを選びました♪
海外の雑誌は動画まで用紙してんのね。すごいわー♪編地も雰囲気もわかるし便利。



ぱっと見る限りタップリある身幅=太めでも安心!
肩~襟ぐりの広い開き=お辞儀したら丸みえちゃうか疑惑・・・
更に似合うかどうか等の問題はさておき、
久々に沸いてきた編みたい欲求を満たすために編みます!


scilla00.jpg
まずはゲージっと意気込んだら、テープヤーン中々手ごわいです。
そして模様編みの英文読解に問題が…が、頑張ります!


プロジェクトページ→ワンピース
#10 Bobble and Bead Dress











ピエロさん、zakkaストアーズさんどちらも取扱がある糸。
テープ幅は3mm程度。糸玉でも編地でもコットンや麻にありがちな
ボソボソした感じはゼロ!!艶のある柔らかい糸です。
ある程度のハリもあってサラサラスベスベ。
テープヤーンの面白さを存分に楽しむならドライブ編みやヘアピンレース。
太めの針でザクザクとスカスカの編地を楽しむのが素敵だと思う!
って書いて私はどちらでもない編地だけど指定糸に近かったもんで^^;

Bobble and Bead Dress vol.1

5月の編物として選んだBobble and Bead Dressはレースパターンを
編み終えた状態(前身頃です)。

scilla01.jpg


説明手順を一通り読んだ後、いくつかパターンを変更する必要があるなぁと。

・着丈が短すぎる!→長くしたい。
下半身が逞しい体型+アラフォーのミニ丈は・・・落ち着かない。
かといってレギンスの似合う真っ直ぐの足は持ち合わせてない。


・襟ぐりが前後共に大きく開き過ぎている。→狭くしたい。
指定どおり編むと27cm以上(平置きで)あく事になる。
部屋着ならともかく、いい歳してお辞儀をしたら胸元丸見えになるのは避けたい。


そんな理由から、bottom-up(裾から)編みはじめるように書かれていたけれど
完全にスルー。レースパターンを先に編みはじめる事にした。
pic00.jpg
図のように黄色の矢印の部分から編みはじめて後から
ピンクの矢印の方向に編むと着丈の調整が出来るはず♪っと想像。
拾い目と糸始末が増えるけれど、ここはグッと我慢!


着丈問題はクリアになると信じて残るは襟ぐりパカパカ問題。

ただでさえ模様編みに減目だの引き返し編み(この編み図ではwrap&turn)が
あって頭が混乱しそうなのに面倒くさいけど仕方ない。
その努力の結晶が一番上の写真です(大袈裟!
13目×24段1模様なので前身頃は2模様分、後身頃は3模様分伏せ止めして
肩下がりのw&Tは袖口から指定の目数、指定の回数に。
針に残る目数は指定より当然増えるけれどそのまま編むようにする予定。


scilla02.jpg

編みはじめる前の段取りが面倒くさかったけど、更に面倒くさかったのは
このknot stというボッブル模様。

nuppと似てるけど1目に対して編み出し増目を繰り返すのではなく、
表目裏目を繰り返し編んで最後に最初の表目にかぶせるらしい。
英語苦手なのでこんな解釈だけどあってるかどうか疑問。
私は表目裏目を繰り返し編んだ後、編地を裏側にして最初の1目をもう1度編んで残りの4目を
かぶせるという編み方にした。その方がボッブルの大きさを一旦引き締める事で安定するように見えたから。




さて、またかけ目とボッブル地獄の後身頃に取りかかります。
後身頃編んでるつもりが、書いた編み図を間違って気が付いたら前身頃を先に編んじゃったよ。


プロジェクトページ→Bobble and Bead Dress
#10 Bobble and Bead Dress








Bobble and Bead Dress vol.2

とても気持ちのいいお天気だった日曜日。
現在進行中のBobble and Bead Dressは前後身頃が完成しました。

scilla04.jpg
あと一段・・・きりのいいところで糸が終わるかどうかの微妙な残量。
このハラハラ感がたまらない♪





レースパターンは7号で編んで脇下から裾までのメリヤスは
号数をあげて裾広がりにする予定。(ゲージ調整ってやつですね!)

現段階で身幅は44~45cm位。
という事は7号~10号と針を変えた場合約5%ずつ編地が大きくなるはずなので
約44cm-46cm-48cm-50cmとなるはず・・・計算上のお話だから怖い

もしかすると冬の間にたっぷり付いた脂肪を考えると、
ピチピチになるんじゃなかろうかと不安だったりもする。
分散増目をする頭も根性も無い…。






scilla03.jpg
レースパターンを編んでる最中にカウントしたところ、
用意したビーズの数が足りなさそうなので追加注文しました。
指定では後身頃は全てのレースパターンにビーズを使わない指定ですが
「ビーズとれてるで?」といった雰囲気が嫌なので前後とも
しつこいくらいキラキラさせることにしちゃるっ!






montanabead1.jpg
ちなみに用意したビーズはコレ!
チェコのガラスビーズらしいけど、ちょっと濃すぎたかなぁ?

この後の工程のメリヤスは輪編みにしようと当初考えてたけど
私のスキルの問題で編地が斜めになる可能性が高い事からおとなしく
平編み(往復編み)します・・・。先は長い~><


プロジェクトページ→Bobble and Bead Dress












Bobble and Bead Dress vol.3

お久しぶりです。
少し更新に間があいたのは
諸々の事情で5月中旬から手首の関節と足首(たぶん)の関節が
やられたようで微熱とあちこちの痛みでダウンしておりました。



手首をやられた原因は楽しすぎたタティングレースだと思う^^;
1つ楽しい事を見つけると時間や他を忘れてのめり込んでしまう性格が災いしましたわ~(反省





身体と相談しつつ、手首に負担の少なそうなメリヤスを爆走しました。
とはいえ、本を読み漁ったり映画を観たり、ネットで時間をつぶしたり色々ですが。


scilla05.jpg


着丈は海外パターンに合わせると超ミニでして・・・
糸も大量にあるので(買いすぎた)このまま着丈を考えつつ
編み進める事にします。

ファイアポリッシュ(ビーズ)を先に縫い付けたいところですが・・・
何分、握力が著しく低下中。ある程度の太さがないと握れなくなってきました^^;
様子をみてボチボチ完成させたいと思います♪





お医者さんは 次の検査&診察で 生物学的製剤の薬を変更する
っぽい事を言ってました。
やれやれ、一つ薬が減ったら2つ薬が増えるこの状況。まじ勘弁してほしいわー><



プロジェクトページ→Bobble and Bead Dress



悲劇のヒロイン(年季入ってます)演じてんじゃねーよ!
愚痴ばっか書いてるんじゃねーよ!って自分自身で思うけど正直
できない事が多すぎて、心が折れそうになるんよね。

Bobble and Bead Dress vol.4

Vogue Knitting International Spring Summber 2012 より編んでる
Bobble and Bead Dress。

scilla06.jpg

なんやかんやと言いつつも地味に成長してます。
脇下から裾にかけてマーカーをつけてモチベーションをあげる試み。
よーさん編んでるヤン!!的な…。



首まわりのボッブル&レースパターン~バストライン(袖の増目あたり)までは
7号(4.5mm)で編んでそれ以降のメリヤスは8号→9号→10号と
ゲージ調整ですこしばかり裾に向かってサイズUPを測ってみました。
上手くいったかどうかは今のところ疑問???
※これは指定にはないけれど無くていい下半身にお肉たっぷりな私仕様です。


まぁ、裾がタイトだと歩きにくいしね?


関係ないけど歩幅を大きくとって歩く方がヒップUPするそうです!
ドカドカ歩いてると、ガサツな感じがしないでもないけど・・・。
身体中全てのパーツで下垂激しい悩めるお年頃。心に止めておきたい情報です。



scilla08.jpg

前後身頃を肩で合わせ、袖のガーター編みをしたところ。
前後のレースパターンを綺麗に合わせようと努力しましたが上手くいきません。

というのも、肩にW&T(日本の編み図でいう引き返し編み)があり、
そのW&Tも襟ぐりを小さくするために肩の模様を増やした経緯から
本の通りにはいきません。

久しぶりに無い知恵を絞る事になりました。
算数嫌いやっ!




scilla07.jpg

ちょっと画像ボケてますが、こちらは襟ぐりの部分。

肩をあわせてから、襟ぐり、袖ぐりのガーター編みをしたけれど
画像からもわかるように、若干合わせた部分(繋ぎ目)が引きつってます。
W&Tの部分のガタツキはボッブルで上手く誤魔化せたと思うけど、こればかりは
完成させて着てみてからのお楽しみかな?




プロジェクトページ→Bobble and Bead Dress



当初、裾に胸まわり同様にレースパターンを入れようと考えてました。
でも、ボッブルの入ったパターンだと邪魔かな?
じゃ、ボッブル入れないレースパターンにするか?
でもそうすると、胸まわりのレースパターンとデザイン的に合わない・・・。
ん?そもそも裾にレースパターン入れたら着た時、アチコチで引っ掛けないか?


うーん・・・ここはやっぱりシンプルに指定通りに編んだ方が無難かな?
デザイン云々以前に、段々重みを増す編地に首、肩、手首が悲鳴をあげてます。
やっぱり夏糸でスカスカな編地でもウェアは負担が大きいみたい^^;