Vest

完成★かぎ針編みのベスト

12月からとりかかっていたボランティアベストが完成しました!

月末には形になっていたものの、最後の仕上げがどうにもやる気がおこらない病に。
糸始末をしてお洗濯をしてアイロンをあて、やっと完成。

必ず守って欲しい事柄ではなかったにせよ
ご年輩向けで前空きのベストという指定が難しかった。
せっかく要望を出してもらったんだから、その希望におこたえしたい!






crochet_vest04

何がどう難しかったかというと、
今まで自分の編みたい物好きなものを自由気ままに編んでいたおかげで
いざ、「こういうのを編まねばならない!」っとなると途端に
手が止まってしまってグダグダに。




「やばい、大きすぎたかな?これもらって嬉しいかな?」
「お気に入りの糸だけど余り糸も混ぜて編んじゃったよ、やっぱ失礼かな?」
「軽さを求めてスカスカに編んでしもた・・・。東北じゃこういうのは防寒にならんのかも?」



っとドンドン不安と迷いと失意の連鎖の中で完成させてしまいましたわ^^;
東北のおばーちゃん達、ゴメンヨ。・゚・(ノд`)・゚・。
今の私にはこれが手一杯なのだ許してねー(´Д⊂グスン





もっと念入りに計画を立てて編むべきだったなぁと反省の一品になりました。
来年編むチャンスがもらえたら、今度こそ後悔しないニットを贈りたいな♪
さて、発送準備をしなくてはー♪







Pattern ◆tesisu vest
Free Pattern URL:tesisu vest

Yarn:Clover Snow Jewel Fine 40g×2 Longchamp quintetto 40g×5
Hook:JPN#6/0(3.5mm)
Size:約着丈76cm、身幅50cm 約275g
変更点:・前開きにした・着丈を長くした・縁編みを省略=>原型をとどめてない



スポンサーサイト

粉雪舞う3月

3月も もうスグ半ば。窓の外では粉雪舞ってます。
寒いっちゅーねん・・・。


とはいえ、じきに暖かくなる事を考えてサクっと編めそうなパターンを物色。
ウール100%極太の20玉(渋めのオリーブグリーン10玉、黒10玉)を使いたいなぁと♪

shanbellsports01.jpg

ラベル表示はカネボウ毛糸 シャンベルスポーツ50g67m 毛(ウール)100%
使用針:かぎ針6~7号 棒針11~13号ゲージ:14~16目 19~21段



空気を含んだムッチリ感のある糸ですわ♪




何はともあれ、まずはゲージ。
ラベルの指定が11~13なのでまずは真ん中の12号で編んでみた(写真上)
16目21段

このゲージだと私の手で合いそうなのは
ダルマ毛糸のプロヴァンスのメリノとかパピーさんのブリティッシュエロイカ
ハマナカさんのメンズクラブマスター、ピエロさんの純毛極太あたりかな?


極太=メンズライクな作品が多いけど糸玉は10玉。メンズものを編むのはちと厳しい。

shanbellsports02.jpg


そこで2号落として10号で 編んでみた。(写真下)
18目23段

これなら結構ゲージの似た糸があるはず!!っと喜んだものの
編地が12号と比べて硬い感じがする。糸のムッチリ感が薄れちゃうのは残念だし。








うーっむ・・・(´-ω-`)
悩んだ結果 選んだのはコチラ ↓





shanbellsports03.jpg

12号でOKだし、糸量も十分余るだろうし丁寧な編み方の解説があるし。
安心感たっぷりのパターンを選びました。ちなみに指定糸はプロヴァンスのメリノ。


モデルさんが細身で着丈が短い事が、プーさん体型にとっては非実用的な感じがする。
しかーし、そこらへんをクリアにすれば十分使える1枚になるはず。
久しぶりの極太糸&針。ボチボチ編むのだっ♪








明日は大学病院で検査&診察の日。先日の点滴の前の血液検査の結果が最悪だったもんで
折角減らした薬をまた増やすと言われないかが最大の心配事。
発病から約1年。良くなったとは言えないけどマシにはなってるハズ♪


ベスト途中経過

身体の調子悪いだの、手痛いだの言いつつも時間だけはタップリあるので
「アランもようのウエアと小もの」から編んでいるベストはここまで進みました。


shanbellsports04.jpg

「裾のゴム編みから身頃の模様編みへと編み進むようにね♪」っと
編み図はやさしく指示している。

「悪い、長さ調節したいねん。お楽しみはゴム編みは後にするよ。」っと
クールにつぶやいて別糸からスタートしました。
そのぶん、苦手な二目ゴム編み止めをせねばならんのだが…(涙


上の画像で3玉目に突入した状態。
ダイヤ模様の2つ目の途中あたりで1玉目が終わりました。
写真では交差模様の横にあるチョロっと出てる糸端が切れた位置





ところで糸ってどうやって繋げてますか?
ちなみに私の知ってる糸を繋ぐ方法は大雑把にわけて3つです。


A:糸端をフェルト化させて繋ぐ
ウール100%糸で撚りの甘い物、ロービングヤーン向き。
ただし、編地に多少厚みが出ちゃう時や上手くフェルト化しない時もある。

B:編地の途中では糸を切らず編地の端で糸を切る
糸が多少勿体無く感じるが綺麗に仕上がる。
ただし、ウエア等で端を綴じる場合で糸が太いとゴロゴロする。

C:シンカーループ(目と目の間の糸)にくぐらせて処理
糸の無駄が最も少ない。
ただし、丁寧にしないと編地の真ん中で糸が引きつったり、
微妙にその部分だけ厚みが出たりする。


という事で、今回は編んでる途中で糸が突然終わってしまい
ほどくが癪だったのと、フェルト化で繋げるのは難しそうなのでCの方法に決定。
といってもまだ糸をくぐらせずにゆるく結んで放置状態、最後にまとめてやります!


ダイヤ柄の中の鹿の子編みが微妙にミスしやすいけど
模様が浮き出てくるとウレシイ!!
前身頃3玉+後身頃3玉+袖ぐり・襟ぐり・裾のゴム編みで2玉=8玉でいけるかな?





Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

編んでる途中で気づく事

「ダイヤ柄のベスト」は後身頃が全てメリヤス編みだったおかげで
久しぶりにマッハなスピード(個人的に)で編み上がった。
肩を引き抜きはぎでつないで、やっとソレらしい形になってきた♪ウレシイ♪

shanbellsports06.jpg


ちなみに本ではダイヤ柄は3つの指定になってる。どう考えても私の体型には合わない。
間違いなくポッコリお腹を無駄に披露する羽目になるだろう。
そんな不安から1模様(18段)増やしてみた。
それでもまだ短い感じがする・・・(汗


しかし、こういうデザインがイマドキのベストなんだろうか?
ポッコリお腹をキープし、尚且つお尻と太ももの境目が
わからなくなって来た私にお洒落に着こなす術を教えて欲しい(真顔)
この発売されたのが2008年。4年前は流行ってたのか?
というか、今になってこのベストを選んだ自分が一番呪わしい・・・(涙



shanbellsports05.jpg

肩をつなげて平置きすると結構間抜けな図だったりする。


ここから本では襟ぐり、袖ぐりを編んで最後に脇をすくいとじと指示されてる。
でも、袖ぐりのゴム編みを往復にするメリットがよくわからんのでパス。








季節がわりは心変わりするもの。
とっとと編み上げて新しい相手に乗り換えたい!





Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

とりあえず完成★ダイヤ柄のベスト

3月10日あたりから手をつけた「ダイヤ柄のベスト」が完成♪
お洗濯後まだ微妙にしっとりしてる状態だけど、写真を撮った。

shanbellsports10

本の指示を無視して脇を綴じてから袖ぐりを輪編みにした。
糸の太さを考えると綴じた箇所がゴロゴロするのが嫌だったし!
まぁ、脇を「すくいとじ」してるから何とも言えないんだけど。



袖ぐりで指定の74目を拾い終わってから厄介な事に気が付いた。
2目ゴム編みだから4の倍数じゃないと表目が4目続いてしまう。
勿論、これは裾のゴム編みも同じだ!


やっちまった・・・。



shanbellsports08.jpg
編んだ直後はひどかったけど、水通ししたらダイヤ柄となわ編みは比較的綺麗に編めたっぽい♪


もう一回拾いなおすのが嫌だったので脇下で2目一度を2回入れて誤魔化した。
脇下だし万歳しながら歩き回るとか、電車でズットつり革持ち続ける以外はばれないはず。

袖ぐりと襟ぐりの拾い目は、今まで他で何度もしてる割に上達せず、
トライするたびに敗北感たっぷりになってしまう。
本には「ココを拾うのよ!」っと親切&丁寧に赤丸で指示されているのに。





shanbellsports07


この学習能力の無さは本気で何とかしたい・・・が、グータラが災いして道は険しい。
完成はしたものの、まだ着てないので何となく不安だったりする。






Pattern ◆Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

Yarn:カネボウ Shanbelsports(シャンベルスポーツ) 1玉=50g67m
   (ウール100%) ×7.6玉(380g)
Needles:JPN#12(5.7mm)、JPN#10(5.1mm)
size:着丈58cm、身幅48cm

変更点
・ダイヤ柄を1模様増やした
・2目ゴム編みを後から編んだ
・ゴム編みは「伏せ止め」にせず、全て「2目ゴム編み止め」にした

黒い毛糸で編みはじめ

うららかな春の兆しいっぱいの3月末に
ウール100%でまたもやベストを編みはじめ♪

shanbellsports01.jpg
糸は右の黒のシャンベルスポーツ。ダイヤ柄のベストを編んだ糸の色違いです。
1玉50g67m ウール100%(極太)

前回この糸で8玉あればベストが編める事がわかったし、編み図探すのもダルイので
今回のベストは編み図なし。好きなように編んでみようかと・・・。
前から気になってた事、試してみたい事を盛り込んで編みたい!!

無謀な妄想MAX


IMG_1838.jpg
大好きなリブ(ゴム編み)天国で後身頃を爆走中♪
ここまでで3玉消費。前開きのベストにしたいので前身頃は4玉みとけばええかなぁ~?


糸は真っ黒で季節のイメージと真逆だけど、
大好きな編地で試行錯誤しつつ編む時間は、穏やかで心の春って感じ♪
調子がいい間に後身頃はこの辺にして前身頃に取りかかるー!!





編むのは勿論好きですが、同じ位好きなのがブログめぐり♪
読み逃げが多いけど相変わらず楽しく読ませてもらってます。
が、しかし・・・楽天ブログにコメントを入れたのにコメントが消えてしまってた・・・。
楽天ユーザーじゃないと消えてしまうのかなぁ^^;

2目ゴム編みで脇下の減目

週中ごろから一気に春めいてお庭の梅が満開になりました。
例年どおり、今年も音痴なウグイスの声が朝から響いてます。
鳥の世界にも遺伝ってあるのかなぁ・・・?




さて編み物。
黒のベストは後身頃は襟の減目手前まで
前身頃の右側に取りかかり脇下の減目までたどりつきました。

2rib_01JPG.jpg
画像は糸が真っ黒なのでいつもよりキツメに補正してます。
黒い糸って編む時も見づらいけど、写真にしても編み目、編地を思うように写すのが難しいですわ。



今回の2×2のリブを編む上で私の小さなこだわりの1つ

「編地の端の処理」

編み物教室に通ってるわけじゃないし頼りはネットの情報と手元の基礎本の情報を元に
ひたすら試し編みした結果なのでかなり冒険&でたらめ要素が強いです。

・裾は2目ゴム編みの作り目(別糸を使う)で伸縮性のある裾にする事
・脇の目がキレイに見える努力をする事


上記言いわけをふまえてこだわったのがこの2点。
まだ途中段階なのでうまくいくかが目下の心配事だったりする・・・(汗



2rib_02JPG.jpg

1つめの「伸縮性のある裾」は基礎本を参考に
後身頃は「表編み2目で始まり表編み2目」で終わる作り目にして
右前身頃は「表3目で始まり脇側が表2目」で終わるようにした。

なんで「表編み3目やねん?」って話ですが
これは2つめの「脇の目がキレイに見える努力」です。
たた&たた夫さんのHPで詳しく紹介されていて「なるほど!」と納得し、早速トライしてみたっちゅー事です。
脇側は、としじろとして1目ずつ消えるはずなので2目ゴム編みが
続いているように見せるために表編みの2目に。
減目開始時に同じ理由で袖ぐり減目は表3目が並ぶように編んでます。
これで脇の目がキレイにいけばいいんだけどなー!!!


さて、襟ぐりの減目をどないするか考えます・・・
ぇ?今から?とか言わないように!こんなもんかなぁ?的な編み方は
想像していたよりずっと楽しい♪



※マフラー説明のページURL:http://www.tata-tatao.to/knit/plainmaf/rib.html

お別れしたい

一昨日の春の嵐で体調は絶不調でしたが昨日はうって変わっていいお天気。
強風で埃っぽい空気も一掃されたようで爽やかな春の日、体調はバッチリ♪
家族には止められたけれど、一人で出かけてみました!スリルたっぷり♪
といっても家から徒歩15分圏内ですが

桜ドーナツ

ミスド大好きなもんでココは外せないとばかり限定物をお持ち帰り♪
桜ドーナツのフレンチとホッとリングのカスターです。
写真をカメラに収めて2分後には胃の中へ・・・。1年ぶりのドーナツは格別だった!



歩けるようになって真っ先に行った先がミスドってのも
食い気100%すぎてアカンとばかり、図書館に行ったり、
手芸屋のオバチャンのお店に寄ったりして春の景色を楽しんで来ました。
1時間程度なら一人で外に出ても大丈夫っぽいと自信がつきました。





さて、季節とは逆行中な編み物・・・。
そろそろお別れしたいんですが、次に作りたい物で妄想MAX病にかかり
なかなか針がすすみません。

2rib_05JPG.jpg

予定通り脇を閉じたときにリブがきれいに繋がって大満足♪
3目の表編みが続くように3目内側で減目を繰り返してます。
前身頃は後身頃よ身幅を増やして袖ぐりのカーブを気持ち深くとって
「腕周りに余裕があれば動きが楽なんじゃないだろうか?」っと実験ですわ。
洋裁知識ゼロなもんでその辺のさじ加減がよくわかりません。基礎本にも載ってへんし。




2rib_06JPG.jpg

肩はなで肩な体型に合わせて肩下がりをつけて引き返し編みを入れましたよ♪
画像でみると「下がりすぎちゃうか?」っと微妙に心配だったりします。



脇は大満足だったけど襟ぐりは伏せ止めにしてから目を拾ったので
微妙にリブがキレイに続かず残念な仕上がりになってしまった。
伏せ止めにせず休み目にすればキレイにできたんかなぁ?うーむ…(悔



襟を綴じたら、ファスナーを付けようと考え中。
ファスナーをダブルファスナーにするかシングルにするかで迷ってます。
ダブルファスナーのが旬な気がするけど…使い勝手悪い?

ヨーロッパの手あみよりフード付きベスト着手

温度計をみたら20度。つい数日前まで30度超えがあたり前だったのに
あっという間に季節はすっかり秋になっている。
そして気が付かない間にガッツリ体重は増えてる・・・。


さてさて、ダイエットネタはさておきいよいよ編物シーズン到来!!

次に選んだパターンは前回と同じ私の中で
初心者脱出初めの一歩本ヨーロッパの手あみ(2012/秋冬)より
フード付きのベストを選びました。
この本は他の編物本と比べて細かいところ(引き帰し編みとか難しそうな部分は)
必ずをちゃんと方眼編み図があって助かります!!ただし、誤植が多いのが難点><



フード付きベスト試し編み

初のパピーの定番糸ブリティッシュエロイカ!
画像の試し編みは葡萄色って表現がピッタリきそうないい色です。
最初はこの色にゾッコンLOVE(がっつり80年代風味に)でしたが、
手持ちの服との兼ね合いを考えて、指定の色のグリーン
(↓の画像の色)で編む事に決定。


197.jpg


イエローな肌には若干黄みがかった色がしっくり来るように思うねん♪
カエルっぽい色味は否定できないけど…。










拍手コメント、メール等ありがとうございます。毎回励まされてます。
あと、着画はまだかー!っとコメントいただきました件、ボタンやらをちゃんと付けてから
今後まとめてUPする予定です。・・・えぇ、予定は未定ですが頑張ります^^

途中経過:フード付き交差模様こってこてのベスト

ほおずき

10月に入って日に日に庭のほおずきが色付き始めました。
金木犀の香りがも徐々に強くなってきた気がします。
いや~、秋ですね~♪






手順02


10月に入って着手したフード付きベストは出来上がりサイズが指定のままだと着丈が
長すぎる可能性大!そこで、調整するべく編む順序をかえる事にしました。(上記参照)
交差の模様を減らして図の緑の部分(リブ)の段数をかえる事で何とかなるんじゃないか作戦です。




問題点は
1、とっとと前後身頃ともに脇の減目まで編まねばならない。→着丈の帳尻合わせるため
2、苦手な2目ゴム編み止めは避けられない。※ゴム編みは好き(・∀・)b
3、フードと身頃の接合部分の模様が綺麗につながるかが疑問。(技術力不足)
4、編んでる途中でとじはぎ作業が発生するため面倒くさい。(途中じゃなくても面倒くさい)
5、他の物が編みたい。
6、他の糸が欲しい。


だってねー、めっちゃ冬糸セールしてるやん?
これといってそれらの糸で編みたい物は特にないんやけど。
でも糸は欲しいよ!






Hood Tunic Vest

とはいえ、ぶつぶつ文句言ってても時間の無駄やし、
交差模様に時折発狂しつつ、地味にボチボチと編む事にします!




#12 Hood Tunic Vest




フード付きベスト暗黙のルール?「ヨーロッパの手あみ2012秋冬」より

「ヨーロッパの手あみ2012秋冬」より編んでいるフード付きベスト。
後身頃に続き、前身頃もようやく完成しました。

Hood Tunic Vest02


両サイドは裏メリヤス編みのため、クルクル丸まってますが、
着丈を確認しつつ裏メリヤスを「すくいとじ」肩を「かぶせはぎ」にして・・・っと
なかなか順調やーん♪なんて調子に乗ってたら
なんかけったいな事になってる・・・おかしい・・・(汗





Hood Tunic Vest04

初のフードを編みはじめて気が付いたのは本の指定だと
「掲載画像のようにはゼッタイならん!」
ちゅー事です。(掲載本:上記画像赤丸部分参照)






Hood Tunic Vest03

模様編みの指定は5目の編み出し増目の後、右上5目一度で終わる段で肩をはぐ
指定になってますが、画像では5目の編み出し増目が省略されてます。
つまり、省略したほうが肩のかぶせはぎは綺麗・・・。
これはいわゆる暗黙のルールってやつなんだろうか?

もう、編んでしもたがな・・・(´-ω-`)








いいさ、いいさ、人柱っぽいけど負けるもんか!めげずに編むさー!
って意地はっても、凹みまくりで手が伸びません。ちょっと気分転換しよかな。




※ちなみに、こちらのフード付きベスト編み図に上記以外にも小さな誤植があります。
まだ正誤表が現時点でUPされてませんが、交差模様が裏編みにすべき点が
表編みの交差になってたりしてます。(問合せ済み)
もし、編んでる方、これから編もうと計画中の方がいらっしゃったら要確認です!

正誤表一覧:http://book.nihonvogue.co.jp/correction/correctionTop.do



#12 Hood Tunic Vest




進歩状況とHalloween

いい加減に仕上なきゃっと思いつつ、手が伸びないアラン模様のフード付きベスト。

Hood Tunic Vest05

編み方を本の指定を無視して編み進めたために難儀な事になってる。
前たて~フード部分にかけて大量の目を拾い目をしゴム編みをする予定。
目を全て拾うと変なのでその計算も・・・正直、めっちゃ鬱陶しかった。


本はKim Hargreavesさんのデザインでよく見かけるタイプ。
前たてをガーターで身頃と合わせて編む指定だった。
このやり方だと糸始末が少なく済むからそのうちトライしたい編み方なのねー♪

Hood Tunic Vest06

ざっとここ数日の状態を並べると

大量の拾い目完了

労力の割りに進んだ雰囲気ゼロ

嫌気がさす

別のもん編んだり掃除したりで気分転換だ!

ラベリのKALグループに参加 ヽ(・∀・)ノヒャッホイ♪

編込み模様 楽しいヨ!!

あっさりselbu modern完成

さぁ!このモチベのまま大好きなゴム編み爆走するぜっ!(自分を励ます

ぁ・・・次の工程は延々と続くゴム編み止めだ・・・と連想

しかも、まだ両脇の拾い目&ゴム編み&ゴム編み止めせなアカン・・・(´-ω-`)

スペシャル( ゚Д゚)<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌



そして今、ブログを書く事で現実逃避してる私。




~おまけ~

そんな混沌とした状況の中
halloweenbiscuit.jpg

ハロウィン用のクッキーを練習に焼いてみた。
ただ単にフード付きベストからの逃避&お腹がすいていただけ

小麦粉200gバター100gショートニング50g砂糖(30~70g好みで)たまご1個
※気分でベーキングパウダー(適当)バニラエッセンス(適当)を入れるとちょっとエエ感じのクッキーになる
材料を3mm厚に引き伸ばして丸く型抜きしココアをステンシルを使って振る
暖めておいたオーブンで適当に焼く


超適当なレシピだったわりにサクっと仕上がって満足♪
ステンシルは初体験だったけど面白かったです^^





※メール&コメントで質問くださった方へ
普段はフランス式です。元々はアメリカ式でした。
編込み模様を編む時は右左両方の手に糸をかけて編んでます。
どっちがいいか?という質問でしたが、どっちも長所短所あるので
ご自身が編みやすい!っと感じた編み方が正解だと思います。
ちなみに、私はどっちも編めますが、どっちも中途半端できれいに編めません!!

完成★フード付きのベスト(ヨーロッパの手あみより)

Hood Tunic Vest07
ゴム編み止めとボタン付けを放棄してたフード付きのベスト完成させました。
パチパチの腕は見ないでください。




Hood Tunic Vest09
クリックすると画像が大きくなります
前たてのゴム編み止めをキツメに仕上たらきつ過ぎたらしく
ひきつって裾がペロっとまくれてきます。角ボタンの重みで押さえらえてますが…。
前はボタンでとめているだけなので、少年のような体型の人には似合うデザイン。
丸々プクプクな人(私を含め)はどうしても前がボタンを止めても開いてしまいます。
前たてをもう3cmずつくらい裏メリヤスを増やせば良かったのかも?
もしくは、ファスナーを付けるのもいいかもしれない。(やらないけど)






Hood Tunic Vest08
クリックすると画像が大きくなります
フード部分が肩を覆い暖かいです。
着丈を短くした事で着回しがきく1着になったと自画自賛♪
ただ、交差編みの向きを一部間違えていたり、以前のサイズと比べて
太ったせいか腕周りが若干キツイです。血が止まるほどきついわけじゃないので
このまま着倒す予定。「そのうちゴム編みが伸びてくる」と信じて…。


Hood Tunic Vest10
けいとのコーダさんではパピーの指定の角ボタンが4つセットで売られてますが
オカダヤオンラインショップさんの角ボタンの色が気に入って
本物の水牛のボタンだと信じて購入。水牛の角にはチョットうるさい父が
これは絶対に水牛の角じゃない!っというので確認してみたら素材はポリエステル。
残念だけどまぁいいや♪コッチの色のほうが明るくて色が優しい感じがします





ともあれ、長い時間かかってしまったこのベスト。
初めてのフード付きで初めての【パピー 】 ブリティッシュエロイカ
編み応えのある交差模様が楽しかったです!
コレを着て紅葉狩りなり湯豆腐食べに行くなり秋を満喫したいもんです。


#12 Hood Tunic Vest
プロジェクトページ













軽い糸

台風が過ぎたら急に涼しく「Tシャツじゃ寒っ!」っと感じる日が
あるかと思えば、ギンギンの日差しを浴びたりと落ち着かない天候が続いてます。

ALVest

KATが編み終わってニヤニヤしつつ鏡の前で試着してたら
ベストがほしいと母から頼まれた。
さっそく毛糸だまの最新号を買って選んでもらったらどれも違うらしく・・・
結局どんなベストがいいかとネットで画像検索。便利だよね~♪
糸を注文>ネットで調べて図書館で本を予約>ためし編み。

Herringbone Vest01
針はゴム編み部分が8号(4.5mm)と模様編みとメリヤス部分が10号(5.1mm)

糸はアルパカリリー毛糸ZAKKAストアーズさんで購入。
40gで120mの表示を見ると合太かな?っと思ったら並太とある。
指定の10号とか太すぎなんじゃないの?っと思いつつ
本に従って編んでみてその意味がよくわかった。
この糸、めっちゃ軽い!
ただ、非常にイライラさせられる糸でもある。
リリヤーン調の糸で交差をしようとするとスグ糸を割ってしまう。
ニットプロ等の先がツンツンした針よりクロバーの匠あたりの
先が丸い針を使ったほうがイライラ指数は下がるはず。

何回数えても模様編みのゲージのカウント方法がよくわからんので
メリヤス編みのところが指定とほぼ一致したのを良しとして編み始める♪


Herringbone Vest





今回の毛糸だまはなかなかヒットだった♪次号も期待♪

ヘンリーボーンのベスト途中経過

左右前たて
先月からノロノロと編み進めてるベストは左右の前たてが完成♪
ひゃっほーぃ♪
糸は40g(120m)*8玉用意したんだけど、1玉近くあまりそう。
脇の減目で「一目たてる減目」とそうじゃない減目をすっかり忘れ
あたふたした。基礎本が手放せませんね。

そして、引き返し編みのないパターンでよかったと心から思う。
今編むとパニック起こしそうだし・・・(ぇ

アルパカリリー糸端
リリアン調の糸なので中央が透けてる。
空気を含んでふっくらと軽い(そして編んでると引っ掛けやすい;;)
アルパカ独特のぬめりというかしっとりした肌触りはほぼない。
チクチクレベルの表現は難しいけど・・・
私ならネックウォーマーは編まないけど帽子なら編むレベル(伝わるかな?)
もう一度買うか?と聞かれたら「機会があれば買いたい」と答える糸。

Herringbone Vest









定価なら買わない!400円台なら買う!貧乏くさくてすみません><



↑脇の減目、前たての減目とか面倒っちいとこは全部チャート図があったので迷うことなく編めました。他の編み図も基本そういうスタンスっぽい。
タイトルはアレだけど沢山種類がのってて良かった!

ヘンリーボーンのベスト途中経過2

10月半ば過ぎてやっと秋らしくなってきたなぁと思っていたら
蚊に刺された。地震、台風と毎週のようにニュースが流れ
いよいよ地球ヤバイんじゃない?と思わずにはいられない。
蚊に刺されて実感するのもおかしいんだけど。

後ろ身頃と左右前身頃
後ろ身頃も編みあがったのが嬉しくて写真を撮ってみた。

上の画像からもわかるけど糸が予想以上に余りそうだなーって・・・。
買うときはいつも不安で多めに買ってしまう。いつになったら
予定どおりに使いきれるのか本当に悩ましい。
この時点でおそろいで小物(ネックウォーマーかハンドウォーマー)を考えていたら
我が家の毒舌女王@母の鶴の一声で帽子を編むことになった。

あまりで帽子
そんなわけで、袖のゴム編みと平行して帽子に着手。

どうせならと同じヘンリーボーン模様でとリクエストという命令に従い
作り目120目>平編みで脇はすくいとじ>最後ゴム編み部分で輪にして編む
↑の段取りで編むと万が一糸が足りなくてもゴム編みの長さを調整すれば
カタチになるかなと・・・(それでもまだ余裕っぽい)

TOP減目は迷いながら他の帽子の編み図を参考に我流でやってみた。

Herringbone Vest



肝心のベスト本体は長~~~い前たての拾い目に若干うんざりしつつ
あと少しでゴールぅ♪っとモチベーションをあげてます^^v







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。