2012年03月

やよい

ヨーロッパの手編み 2011/秋冬から編んでいる
アラン模様のセーターが取りあえず完成した。


まずは ザックリ経過&完成報告です。







袖をとじて輪にしてゴム編みをしたら見事にナナメ。
こらアカンっとほどいて往復編みにしたら若干マシな程度(涙
らいださんに教えていただいたのに本当に情けないです

07_p22aran.jpg
↑襟を迷った末にダブルにし、袖のゴム編みを編みなおしたところ








襟ぐりは元々苦手な部分だったりする。
というか仕上作業全般が苦手だ!
基礎本見つつ拾ったのに変な穴が出来て。やりなおし。
穴ポコは消えたものの全体的に最初の方が綺麗やったんちゃうん?っと
更にモチベーションの下がる結果になってしまった。

08_p22aran.jpg
↑微妙に左右の目が合わない&編地がナナメの襟ぐり




原因は多分、身頃の減目を間違えていたからだと思う。でも、確認はしない!
仮に確認してミス発見しても身頃を編みなおす気力はもうない




まぁそんでも、全体としては糸の良さに助けられて綺麗な模様が出てるし
早く完成させたい気持ちが強く・・・。
めっちゃ鬱陶しい裏目のすくいとじをして袖を引き抜きとじにし完成にこぎつけました。




09_p22aran.jpg



とりあえず完成。
未アイロンで、尚且つ糸始末もまだ、しかも袖を通してないので着れるかどうか心配。後日 着画を含めてUP予定です。







p.22 Aran Sweaters
スポンサーサイト

完成★アラン模様のセーター

2月の末にギリギリ編み上がったセーター。

何度やっても慣れない大嫌いな糸始末をして
アイロンでスチームをかけつつ完成しました。



10_p22aran

後から見るとこんな感じ。
ピチピチ感は否めませんが着ていて苦しい感じはまったくないです。




11_p22aran
前から見るとこんな感じ。
クリックすると大きい画像になります。




反省点は袖下~脇下の裏目の「すくいとじ」が何とも残念な出来栄えな事、
セットインスリーブの肩の引き抜きとじがマチ針を駆使しても微妙にズレた事、
そして平置きで測ったらほぼお手本どおりのサイズなのに私が着るとピチピチに・・・(汗
本に載ってるモデルさんのお写真はゆったりしたセーターに見えるのに(涙



09_p22aran



ただ、唯一救いなのは このセーターのデザインは着痩せして見えるという事。
前後身頃のセンターに交差模様が入っていてサイドは若干シェイプされているため
視線がそこにいくんでしょうね。両サイドのプレーンな裏メリヤスが
もしよく見かけるタイプの鹿の子編みだったらもっと着膨れてるはず。
アラン模様のセーターってドタっ&ボテっ、ズトーンって感じの物が多いと思う。
そういったデザインが多い中で比較的スッキリ見えるパターンはありがたい♪



肩の引き帰し編みも体験できたし、ダブルの襟も学習したし、
いただいた10玉で編み上がった事も嬉しかった!!
季節はもう春になろうとしているけれどまだもう少し活躍してくれるかな?



Pattern ◆Aran Sweaters


Yarn:カネボウ シャンベルデューク 1玉=50g91m
   (ウール50%アルパカ30%モヘア20%) ×9.1玉(455g)
Needles:JPN#7(4.2mm)、JPN#6(3.9mm)
size:着丈57cm、袖丈53cm、胸囲93cm


クロバーの社長さん

先日NHKのTV番組で「ルソンの壷」という番組で
クロバー株式会社の社長さんが出演されていた。

クロバーの手芸道具愛用者の私は時間前からガッツリTVの前を陣取って観ましたの♪
※残念ながら関西圏のみの放送です。

IMG_1727.jpg
記事の内容とは関係ないけれど、庭に咲いた春♪





社長さんがテニスのコーチだったとか微妙なエピソードを交えつつ
アミュレやつまみ手芸、型紙のプレート等の開発秘話を紹介してました。
知らなかったツールが紹介されていて編み物じゃなく
ソーイングも面白そうと感じたし(^ー^*)♪
番組を観た事で、使ってる道具に更に愛着が沸きました♪


IMG_1725.jpg



でもそんなクロバーさんに私が望む最優先課題はホームページのリニューアル。

手芸関連の企業さんの中でもダントツで大企業なのに・・・
UPしてる情報も動画あり、フリーパターンありと素晴らしい内容なのに・・・
HPの見難さ、使い勝手の悪さはピカイチ・・・だと思う。



IMG_1729.jpg

お店に出向く前にネットで調べるご時勢。
調べたい情報を見つけるのに時間とられる&疲れるHPは嫌ー!!
大きなお世話っちゅー話ですけど、クロバーの編み物道具ファンとしては
切に願うわけです。




セーターを編み終えてあれ程、次を編みたい気分だったのに脱力モード。
頭を整理するべく、春夏の妄想計画でもしようかな?いやまだ冬糸編んでいたいし・・・。
季節の変わり目は いつも落ち着きませんわ^^;



NHKの「ルソンの壷」3月4日、3月7日放送の記事URL↓
http://www.nhk.or.jp/luzon/schedule/backnum/120304.html

クロバー株式会社 ホームページ↓
http://www.clover.co.jp/index.shtml

粉雪舞う3月

3月も もうスグ半ば。窓の外では粉雪舞ってます。
寒いっちゅーねん・・・。


とはいえ、じきに暖かくなる事を考えてサクっと編めそうなパターンを物色。
ウール100%極太の20玉(渋めのオリーブグリーン10玉、黒10玉)を使いたいなぁと♪

shanbellsports01.jpg

ラベル表示はカネボウ毛糸 シャンベルスポーツ50g67m 毛(ウール)100%
使用針:かぎ針6~7号 棒針11~13号ゲージ:14~16目 19~21段



空気を含んだムッチリ感のある糸ですわ♪




何はともあれ、まずはゲージ。
ラベルの指定が11~13なのでまずは真ん中の12号で編んでみた(写真上)
16目21段

このゲージだと私の手で合いそうなのは
ダルマ毛糸のプロヴァンスのメリノとかパピーさんのブリティッシュエロイカ
ハマナカさんのメンズクラブマスター、ピエロさんの純毛極太あたりかな?


極太=メンズライクな作品が多いけど糸玉は10玉。メンズものを編むのはちと厳しい。

shanbellsports02.jpg


そこで2号落として10号で 編んでみた。(写真下)
18目23段

これなら結構ゲージの似た糸があるはず!!っと喜んだものの
編地が12号と比べて硬い感じがする。糸のムッチリ感が薄れちゃうのは残念だし。








うーっむ・・・(´-ω-`)
悩んだ結果 選んだのはコチラ ↓





shanbellsports03.jpg

12号でOKだし、糸量も十分余るだろうし丁寧な編み方の解説があるし。
安心感たっぷりのパターンを選びました。ちなみに指定糸はプロヴァンスのメリノ。


モデルさんが細身で着丈が短い事が、プーさん体型にとっては非実用的な感じがする。
しかーし、そこらへんをクリアにすれば十分使える1枚になるはず。
久しぶりの極太糸&針。ボチボチ編むのだっ♪








明日は大学病院で検査&診察の日。先日の点滴の前の血液検査の結果が最悪だったもんで
折角減らした薬をまた増やすと言われないかが最大の心配事。
発病から約1年。良くなったとは言えないけどマシにはなってるハズ♪


通院日


病院での検査結果は最悪で炎症反応の数値がここ数ヶ月3.0くらいだったのが5.0へ。
(ちなみに普通の人は0.1以下)1年前の治療開始前、発病直後くらいの数値だった。



でも、発病からもうすぐ1年。

痛みに対する免疫がついたのか慣れってやつなのか、わからないけど
入院中の時のように大騒ぎする事はない。

足を引きずってでも歩ける日はあるし。
ペンを握る事はできるけれど文字を思うように書く事はできない。
おかげで佐川さんやクロネコさんに受取のサインする時、芸能人かよ!って感じの独創的なサインになってる!
ちなみに食事はお箸無理なので外人(スプーン&フォーク)状態。
でも、キーボードが叩けて編み針が持てれば特に困る事はない!



あたり前だけど主治医は血液検査の数値を重要視している。
だから今回、検査結果が悪かったので申し訳ない気持ちになった。

手術して治る病気じゃないし医者の腕の良し悪しは関係ない。
薬が効くか効かないか(薬が合うか合わないか)の病気なんだから
深刻になってもしょうがない。



でもネガティブにもポジティブにも なれないのが本音やわ。


ベスト途中経過

身体の調子悪いだの、手痛いだの言いつつも時間だけはタップリあるので
「アランもようのウエアと小もの」から編んでいるベストはここまで進みました。


shanbellsports04.jpg

「裾のゴム編みから身頃の模様編みへと編み進むようにね♪」っと
編み図はやさしく指示している。

「悪い、長さ調節したいねん。お楽しみはゴム編みは後にするよ。」っと
クールにつぶやいて別糸からスタートしました。
そのぶん、苦手な二目ゴム編み止めをせねばならんのだが…(涙


上の画像で3玉目に突入した状態。
ダイヤ模様の2つ目の途中あたりで1玉目が終わりました。
写真では交差模様の横にあるチョロっと出てる糸端が切れた位置





ところで糸ってどうやって繋げてますか?
ちなみに私の知ってる糸を繋ぐ方法は大雑把にわけて3つです。


A:糸端をフェルト化させて繋ぐ
ウール100%糸で撚りの甘い物、ロービングヤーン向き。
ただし、編地に多少厚みが出ちゃう時や上手くフェルト化しない時もある。

B:編地の途中では糸を切らず編地の端で糸を切る
糸が多少勿体無く感じるが綺麗に仕上がる。
ただし、ウエア等で端を綴じる場合で糸が太いとゴロゴロする。

C:シンカーループ(目と目の間の糸)にくぐらせて処理
糸の無駄が最も少ない。
ただし、丁寧にしないと編地の真ん中で糸が引きつったり、
微妙にその部分だけ厚みが出たりする。


という事で、今回は編んでる途中で糸が突然終わってしまい
ほどくが癪だったのと、フェルト化で繋げるのは難しそうなのでCの方法に決定。
といってもまだ糸をくぐらせずにゆるく結んで放置状態、最後にまとめてやります!


ダイヤ柄の中の鹿の子編みが微妙にミスしやすいけど
模様が浮き出てくるとウレシイ!!
前身頃3玉+後身頃3玉+袖ぐり・襟ぐり・裾のゴム編みで2玉=8玉でいけるかな?





Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

編んでる途中で気づく事

「ダイヤ柄のベスト」は後身頃が全てメリヤス編みだったおかげで
久しぶりにマッハなスピード(個人的に)で編み上がった。
肩を引き抜きはぎでつないで、やっとソレらしい形になってきた♪ウレシイ♪

shanbellsports06.jpg


ちなみに本ではダイヤ柄は3つの指定になってる。どう考えても私の体型には合わない。
間違いなくポッコリお腹を無駄に披露する羽目になるだろう。
そんな不安から1模様(18段)増やしてみた。
それでもまだ短い感じがする・・・(汗


しかし、こういうデザインがイマドキのベストなんだろうか?
ポッコリお腹をキープし、尚且つお尻と太ももの境目が
わからなくなって来た私にお洒落に着こなす術を教えて欲しい(真顔)
この発売されたのが2008年。4年前は流行ってたのか?
というか、今になってこのベストを選んだ自分が一番呪わしい・・・(涙



shanbellsports05.jpg

肩をつなげて平置きすると結構間抜けな図だったりする。


ここから本では襟ぐり、袖ぐりを編んで最後に脇をすくいとじと指示されてる。
でも、袖ぐりのゴム編みを往復にするメリットがよくわからんのでパス。








季節がわりは心変わりするもの。
とっとと編み上げて新しい相手に乗り換えたい!





Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

とりあえず完成★ダイヤ柄のベスト

3月10日あたりから手をつけた「ダイヤ柄のベスト」が完成♪
お洗濯後まだ微妙にしっとりしてる状態だけど、写真を撮った。

shanbellsports10

本の指示を無視して脇を綴じてから袖ぐりを輪編みにした。
糸の太さを考えると綴じた箇所がゴロゴロするのが嫌だったし!
まぁ、脇を「すくいとじ」してるから何とも言えないんだけど。



袖ぐりで指定の74目を拾い終わってから厄介な事に気が付いた。
2目ゴム編みだから4の倍数じゃないと表目が4目続いてしまう。
勿論、これは裾のゴム編みも同じだ!


やっちまった・・・。



shanbellsports08.jpg
編んだ直後はひどかったけど、水通ししたらダイヤ柄となわ編みは比較的綺麗に編めたっぽい♪


もう一回拾いなおすのが嫌だったので脇下で2目一度を2回入れて誤魔化した。
脇下だし万歳しながら歩き回るとか、電車でズットつり革持ち続ける以外はばれないはず。

袖ぐりと襟ぐりの拾い目は、今まで他で何度もしてる割に上達せず、
トライするたびに敗北感たっぷりになってしまう。
本には「ココを拾うのよ!」っと親切&丁寧に赤丸で指示されているのに。





shanbellsports07


この学習能力の無さは本気で何とかしたい・・・が、グータラが災いして道は険しい。
完成はしたものの、まだ着てないので何となく不安だったりする。






Pattern ◆Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

Yarn:カネボウ Shanbelsports(シャンベルスポーツ) 1玉=50g67m
   (ウール100%) ×7.6玉(380g)
Needles:JPN#12(5.7mm)、JPN#10(5.1mm)
size:着丈58cm、身幅48cm

変更点
・ダイヤ柄を1模様増やした
・2目ゴム編みを後から編んだ
・ゴム編みは「伏せ止め」にせず、全て「2目ゴム編み止め」にした

あきらめ1号

いつもの事ながら 完成が見える頃から次の計画で頭がイッパイだ。
更に、毎年この時期になると春夏計画でもっと頭がイッパイになる。
在庫確認&整理をして収納場所を作って
「今年も買わなくて十分」だと再認識すると寂しい気持ちになる。



そんな堪えてる私に追い討ちをかけるようにお買い得セールの誘惑がやってくる。
「もう夏糸は買わない!!」と毎年宣言。そして毎年その誘惑に勝てないでいる。



なので、もう買わない宣言はしない事にした。
あきらめる事も大事なハズ・・・。







そして「あきらめ1号」血迷って買ったポームコットンリネン。
ポーム
毛糸だまピラミッド♪ひゃっほい♪



「あきらめる事が大事」と悟ってから買ったんやし!
買ってから悟ったんちゃうもんね!!



どっちにしろ、例年通り在庫は増えた。
早速試し編みして、この11玉で編めそうな編み図探さねば!!
でも3月中は冬糸を堪能するつもりっ♪




ゴム編みvsメリヤス編み

3月も最終週になると春めいて作日は強風だったけど良いお天気でした。
春まっしぐらな時期にガッツリ ウールの画像ですよ♪
といっても目で見て楽しい記事じゃなく、初心者の戯言なので苦手な方はスルーして下さい。





編む人は何かしら好きな編み方ってあると思うんです。
私は「ゴム編みLOVER」です。
「メリヤスより複雑で交差編みより動作が少なく、
鹿の子編みや透かし編みよりミスが少ない」
というのが理由のひとつ。
だからといって綺麗に編めるわけではないので、その辺は突っ込まんで欲しい!!


ウェアを編むと余った糸でマフラーや帽子を編もうと考える事が多いです。
そこでやっぱりゴム編みですよ!!

余り糸の場合、ウェアで一度メリヤスゲージを測ってる事もあって、
編地は違えどゲージを取らずに突っ走った経験ありませんか?私は常にソレです。
そうして、慎重になりすぎて「まだ余ってもうた!」とか逆に
「後ちょっとなのに足りなかった!買い足すか・・・」という本末転倒っぽい事態になる事も。
まぁ、仕上がらなかった中途半端な編みかけはお蔵入り決定が定説・・・(悲



メリヤスゲージだけでリブ編みの出来上がりサイズを予測できれば・・・(憧
基礎本によっては答えが載ってるケースもあるんですが。

IMG_1785.jpg


A)上は棒針11号(5.4mm)でゴム編み(2×2のリブ)26st=10cm
B)下も棒針11号(5.4mm)でメリヤス編み16st=10cm


同じ糸、同じ針で編み、延ばしたりせずサイズを測りました。
伸びゲージの取り方は、求めるフィット感によってカナリ差が出るもんなので省略。
メリヤス編みと2目ゴム編みなら約60%くらい縮むって事になりました。
ちなみにどちらも重さはほぼ同じでした。(最小表示が1g単位なので、その辺はアバウトです)
ゴム編みは断然小さく見えますが引っ張ればメリヤスと同等の面積があります。



という事は、面積を稼ぎたいなら同じ糸量の場合はメリヤス編み。
ゴム編みの伸縮性を利用すれば、真っ直ぐ編んでも身体に沿うデザインに仕上がるハズ。
基礎本に書いてあってもへそ曲がりで疑り深い性格なもんで
「ほんまにそうなんやろか?どんくらい縮まってるんやろ?」っと
疑問が頭を渦巻いて落ち着かなかったのです。


画像は同じようになるため割愛しましたが今回は10号、11号、12号の3種類の針で
各2種類の編地を編んでみました。12号の編地が一番柔らか♪マフラー向きでした。
さて、納得したんだからこれを今後編む物に活かしたい&実証したい!
っと余り糸からは妄想が外れて来ましたよ。

今日のおやつ

子供の頃から大好きな和菓子屋さんのひとつ「なだしん」
中でも定番中の定番、御萩と安倍川餅をいただきました。

IMG_1781.jpg

甘すぎない甘さ(後で甘みが口に残らない)で美味しい。
老舗なのにお値段が控えめなとこが大好き♪ただし、5個セットで買わなきゃダメですが。



ところで「おはぎ=ぼたもち」だそうです。
今まで「こし餡+餅=ぼたもち」「つぶ餡+もち米=おはぎ」と信じてたのでびっくり。

しかも名前の由来がなんとも素敵です。
春=牡丹の花が咲く頃=牡丹餅(ぼたもち)
秋=萩の花が咲く頃=御萩(おはぎ)
夏と冬にも正式には変わるそうです!詳しくはぼたもちの由来をどうぞ♪





2rib.jpg

さて、久しぶりに大好き和菓子を堪能したし編み物に戻りますかねー♪

黒い毛糸で編みはじめ

うららかな春の兆しいっぱいの3月末に
ウール100%でまたもやベストを編みはじめ♪

shanbellsports01.jpg
糸は右の黒のシャンベルスポーツ。ダイヤ柄のベストを編んだ糸の色違いです。
1玉50g67m ウール100%(極太)

前回この糸で8玉あればベストが編める事がわかったし、編み図探すのもダルイので
今回のベストは編み図なし。好きなように編んでみようかと・・・。
前から気になってた事、試してみたい事を盛り込んで編みたい!!

無謀な妄想MAX


IMG_1838.jpg
大好きなリブ(ゴム編み)天国で後身頃を爆走中♪
ここまでで3玉消費。前開きのベストにしたいので前身頃は4玉みとけばええかなぁ~?


糸は真っ黒で季節のイメージと真逆だけど、
大好きな編地で試行錯誤しつつ編む時間は、穏やかで心の春って感じ♪
調子がいい間に後身頃はこの辺にして前身頃に取りかかるー!!





編むのは勿論好きですが、同じ位好きなのがブログめぐり♪
読み逃げが多いけど相変わらず楽しく読ませてもらってます。
が、しかし・・・楽天ブログにコメントを入れたのにコメントが消えてしまってた・・・。
楽天ユーザーじゃないと消えてしまうのかなぁ^^;

2目ゴム編みで脇下の減目

週中ごろから一気に春めいてお庭の梅が満開になりました。
例年どおり、今年も音痴なウグイスの声が朝から響いてます。
鳥の世界にも遺伝ってあるのかなぁ・・・?




さて編み物。
黒のベストは後身頃は襟の減目手前まで
前身頃の右側に取りかかり脇下の減目までたどりつきました。

2rib_01JPG.jpg
画像は糸が真っ黒なのでいつもよりキツメに補正してます。
黒い糸って編む時も見づらいけど、写真にしても編み目、編地を思うように写すのが難しいですわ。



今回の2×2のリブを編む上で私の小さなこだわりの1つ

「編地の端の処理」

編み物教室に通ってるわけじゃないし頼りはネットの情報と手元の基礎本の情報を元に
ひたすら試し編みした結果なのでかなり冒険&でたらめ要素が強いです。

・裾は2目ゴム編みの作り目(別糸を使う)で伸縮性のある裾にする事
・脇の目がキレイに見える努力をする事


上記言いわけをふまえてこだわったのがこの2点。
まだ途中段階なのでうまくいくかが目下の心配事だったりする・・・(汗



2rib_02JPG.jpg

1つめの「伸縮性のある裾」は基礎本を参考に
後身頃は「表編み2目で始まり表編み2目」で終わる作り目にして
右前身頃は「表3目で始まり脇側が表2目」で終わるようにした。

なんで「表編み3目やねん?」って話ですが
これは2つめの「脇の目がキレイに見える努力」です。
たた&たた夫さんのHPで詳しく紹介されていて「なるほど!」と納得し、早速トライしてみたっちゅー事です。
脇側は、としじろとして1目ずつ消えるはずなので2目ゴム編みが
続いているように見せるために表編みの2目に。
減目開始時に同じ理由で袖ぐり減目は表3目が並ぶように編んでます。
これで脇の目がキレイにいけばいいんだけどなー!!!


さて、襟ぐりの減目をどないするか考えます・・・
ぇ?今から?とか言わないように!こんなもんかなぁ?的な編み方は
想像していたよりずっと楽しい♪



※マフラー説明のページURL:http://www.tata-tatao.to/knit/plainmaf/rib.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。