2013年03月

CAF'e KITCHENで

3月4月は出会いと別れのシーズン。
小さな送別会があるらしく母からタワシを編んで欲しいと頼まれた。

「タワシ編むのも、かぎ針編みも苦手」
とはいえ、嫌とか苦手とか言って通用する相手からの頼まれ物ではないので
ココは逆らわず、ガッツリ指定糸を買って
おとなしく編む事にしました



IMG_3781.jpg
パツパツに詰め込まれたカフェキッチン16玉
買っておいて言うのもなんだけど、全部使いきれるとは思えない。




糸が届くまではイマイチ気乗りしなかったけれど
これだけ色々の糸が揃うと急にヤル気UP♪やっぱり、お買物は楽しい!
本は以前に購入したエコたわし101より気になった物を片っ端から編みまくり~♪





そして・・・結果は…

ALLtaawsi0.jpg

16個ドドーン!初めて棒針編みのアクリルタワシも編んだ♪
1つ1つUPするのが面倒くさいので集合写真です






#19212223_01
色々編んだ中で、このバラの花のタワシが一番編んでいて楽しかったし
出来上がったお花もらぶり~で好き♪




プレゼントされた人が気を遣わない程度のちょっとした贈り物に
アクリルタワシ、エコたわしは丁度いいと思う。
必ず使えるし、使い終わったら捨てれるし、エコだし、
手編みと聞くと毛嫌いする人でもきっと使うハズ。
手編みと言ってもそこまでクオリティを求められるアイテムじゃないし編む方も気楽~(違?











スポンサーサイト

ベーグルパンにトライ!


パン作りが楽しくなってつい先日、調子に乗ってHB(ホームベーカリー)を購入。
その後、2日に1回のペースで何かしらのパンを焼くようになりました。
ちなみに買ったのはパナソニックのSD-BM105。

ベーグル色々

今回はベーグルパンに初トライ。HBと手捏ねと両方で焼いてみた結果、
後でUPするレポートは手捏ねベースで書きます。
失敗を繰り返し少しずつ状況を変えて合計4回。
※家のオーブンでは4つしか焼けないのでHBを使うと生地が半分余ってしまう
・・・でっかいオーブンが欲しいです(切実)





今回は恥晒し&自分への戒めを込めて失敗事例をUPします。

◆その1:表面がカオスなベーグル
具を入れすぎた
胡桃とクランベリーを入れたのは良かったが、欲張ってイッパイ入れすぎ
成型できなくなった。湯にくぐらせる時も具がポロポロ落ちて手間取り
他のベーグルまで悲惨な事になった。



◆その2:亀裂入りシワシワのベーグル
1回目
生地の乾燥に気を配らなかった。
ケトリング(湯通し)後、オーブンの余熱完了まで待っていたらシワが沢山できた。

◆その3:歯ごたえ抜群すぎるベーグル
ハードベーグル
パッと見た感じ成功っぽいがメッチャ歯ごたえありまくりのベーグル。
発酵時間が足りなかった事と、ケトリングのお湯の温度が高すぎた&長すぎたのが敗因か?

◆その4:つめが甘いベーグル
閉じが甘い
成型の最後の作業でキッチリ生地と生地を閉じ合わせてたつもりが
閉じる作業が甘かったためケトリングの最中に輪にならずほどけてしまった。

◆その5:具の練りこみが甘いベーグル
練りこみ甘い
成型中、生地にクランベリー、ワイルドベリー、胡桃を練りこんだ。
今度は失敗を踏まえて全体出大さじ2以下にした。しかしながら、練りこみが甘かったため
焼きあがって半分に切ったら大きな空洞が出来てしまった。
キッチリ生地を押しながら成型しなかったのが原因かな

◆その6:失敗ではない?比較実験
砂糖と蜂蜜・温度比較
左側:ケトリング(蜂蜜+お湯70~80℃片面60秒弱) 焼き:180度で20分、200度で5分
右側:ケトリング(砂糖+お湯85~95℃片面60秒弱) 焼き:180度で30分途中場所を入れ替えた
蜂蜜でケトリングしたほうが艶が出た。
ゆっくり180度キープで途中鉄板の上の位置を変えたら全体に焼き色がついて綺麗に仕上がった。
ただし、ふくらみは左側と比べると2/3程度の高さ。ケトリングの時間は1分と同じだったので
生地の捏ね方が足りなかったのかも?




◆ベーグル焼きまくりの後の考察◆
【材 料】計測は正確に、イーストは新鮮なものを!
【生 地】生地は決して乾燥させてはいけない。1次発酵以降に無理に千切ったりしない。
【成 型】具は欲張って入れすぎてはいけない。閉じ目はキッチリ閉じる。
【ケトリング】砂糖より蜂蜜。焼き上がった時にベーグルに艶が出る。
お湯の温度は高すぎてはいけない、時間も1分以内がベスト。

ケトリングの時間が長すぎると、表面も内側の生地も硬い膨らまないベーグルになる
考えられる原因:生地内部のイースト菌が死滅したため膨らまなかった。
※イースト菌の箱にあった説明にはイースト菌は60度で死ぬらしいです。

→という事は、60℃以上の温度で短時間のケトリングにすれば
表面はパリっとして内側はモチっとしたベーグルになるという事。

【その他】室内の温度を一定にする事を心がける。
※部屋の温度は18℃~20℃




イッパイ失敗したけど最後は美味しくいただきました♪
IMG_3853.jpg
クリームチーズとドライフルーツの相性はバッチリ。焼きたてのベーグルは最高♪



上記の失敗例をふまえて、レシピ覚え書きをUPします。
最後まで読んでくれてありがとう♪

ベーグルパンのレポ

パン作り始めたばっかり、料理も下手の横好きです。
素人の戯言ですが覚え書きとしてUPしておきます。
くれぐれもこのレシピで失敗したからと言ってチクショーって言わないように^^;


◆ベーグルパン4個分の材料
(我が家のオーブンはちっこいので4個しか無理)

【A】
強力粉140g
砂糖10g
塩2g
ドライイースト1g
サラダ油 小さじ1
水90g



【B】具を入れる場合
クランベリー・ワイルドベリー・胡桃
→ひとつのベーグルに対して大さじ1~2程度(5mm以下に刻んでおく)
※大きすぎると成型が難しい、小さすぎると混ざりすぎて食べる時によくわかんなくなる


【C】
お湯(80℃~85℃)1リットル
蜂蜜 大さじ2(なければ砂糖でOK)


◆必要な道具
スケッパー(なければ包丁で十分)
クッキングシート(なくてもOK、あると仕上がりが綺麗)
デジタルスケール(普通の量りでもOKだけど1g単位で量れるものがいい)
直径24cm位の深めのボール(普通のボールでも作れるけれど深さがあった方が楽)
ラップ
布巾

穴あきおたま
めん棒

◆作り方◆※焼く前の生地は乾燥したらアカン!
生地を作る
1、【A】の材料のうち水とサラダ油以外をボールに入れて混ぜる。
2、混ざった粉に水を入れて混ぜる。一塊になったらサラダ油を練りこむ。
3、テーブルの上でひたすら捏ねる。(打ち粉はできるだけしない)
※テーブルの上にあらかじめポリ袋を裂いて敷いておくと後片付けが楽
4、オーブンを発酵の温度に余熱開始しとく(10分)オーブン内に手で水を振っておく。
(イメージで言うとオーブン内が亜熱帯ジャングルっぽい感じにしておく)
5、表面がツルンとする位までしつこく捏ねて丸める。
6、再び最初のボールに出来た生地を戻しラップをして1次発酵開始。
35℃~40℃で30分~1時間程度が目安。1.5~2倍位になる。
1次発酵前の生地

7、濡れ布巾とクッキングペーパー(10cm角を4枚)を用意する
8、4等分にスケッパーで切る
4分の1の生地

9、ガス抜き(膨らんでるのを軽く押す感じで平たく)する。丸く伸ばして4つ折に畳み
繋ぎ目を綺麗に閉じて表面をツルリンとさせて閉じた部分を下にして濡れ布巾をかぶせる。
10、ベンチタイム。(生地を休ませる)10~15分。
※だいたい4等分した生地を丸め終わった頃、最初の生地がベンチタイム終了になる。
ガス抜きして平たく半分に折る更に半分に折る

ベンチタイム中
ベンチタイム中はこんな感じ

ベンチタイム終
丸めた順で大きさが変わる(ベンチタイムの間に膨らんだから)



ベーグルのカタチを作る(成型)
11、丸めた順番を間違わないように最初に丸めた生地から再び軽くガス抜きして成型にかかる
12、丸まった生地を押して平たくしてめん棒で伸ばし、具を入れる場合【B】を練りこみ棒状にする。
13、片端を親指で広げてボートを漕ぐオールとかウナギネコの尻尾みたいにする。
14、広げた部分を指で押さえながら生地をねじって輪にする。
15、閉じ目は内側に綺麗に閉じ用意しておいたクッキングシートに1枚に1個ずつ並べ
ラップをふわっとかけて置く(他の生地を成型してる間に乾燥してしまうのを防ぐため)
16、オーブンの板に十分距離を作って並べ、2次発酵開始。(余熱はなし)35~40℃で30~40分位
具を投下具を包みつつ成型オールのように棒状に

2次発酵完了
2次発酵が終わったところ 成型が上手に出来るまでの道は険しい><


ケトリング(生地を茹でる・湯にとおす)
ココからはノンストップで手早くする事
17、2次発酵させている間にお鍋に【C】を用意する。お湯の温度はグラグラ沸騰させすぎない事。
18、成型後の生地がモリモリ~っと2倍位になったら時間が短くても2次発酵終了とする。
19,2次発酵が終わったら即オーブンを200度で余熱開始。
19、成型した生地を底を上にして(紙が上になるようにして)お湯に入れる。
1分後、裏返して表を上にする。1分経ったら傷を付けないように注意しながら穴あきおたまで
すくって濡れ布巾で水気を切り即、オーブンの板に並べる。生地に水滴が付いていても気にしない。
ここでモタモタすると表面がシワシワゴワゴワになるので細かい事は気にせずガンガン進める
20、余熱途中のオーブンでもOKなので即、180度で15分、220度で5分焼く
21、焼きあがったパンを網の上で冷まして完成♪
IMG_3843.jpg

画像で黒胡麻が振ってあるのは、最初に湯通したベーグル。
最後に湯通ししたベーグルに比べてオーブンに入れる前の段階ですでにシワが
出てきてたので胡麻を振ってシワを隠しました。
一定時期を過ぎたの女性の顔と一緒って事ね…|||-_||| フッ





ここまで書いて気が付いたけどベーグルパンってバターも牛乳も卵も使わないね。
めっちゃヘルシーでダイエット向きかもしれない♪
最後までお付き合いくださった方、読んでくださった方、
ありがとうございます♪

レース模様の

1日の間で気温が10度以上違う日があったり、
普通の人でも身体がおかしくなりそうな今日この頃。
庭先でウグイスが発声練習を始める季節になりました。
急に暖かくなると「去年の今頃って何着てたんだっけ?」と迷ったり。

迷うのは着るものだけじゃなく編物も同じ。
先日のアクリルタワシ三昧以降、スーッと編む気がダウン。
何やら編み散らかし、縫い散らかし、ひとり春のパン(ベーグル)祭り…っと
どれも途中段階とはいえ満足できず放置。思いっきり迷走してます。


Lacepullover.jpg

ここは素直に買う時に決めた物を編もうという事で
以前から気になっていたレーシーなプルを編みはじめました。
延々と続く同じレース模様にはやくもgive upの予感が…。




whiteday.jpg

編む気ゼロになりかけた時、ホワイトデーって事で
カワイイお菓子他、色々いただきました♪
テディベア好きなのでとても嬉しかったです。
えぇ、毎度の事ながら「ダイエットは明日から」が合い言葉です。

完成★クロッカスのコサージュ

春の陽気に誘われて40番レースを手に取りました。
以前、蝶を編みましたが、やっぱり40番レース細い!

bouquet04

庭に咲きはじめたクロッカスの花を見てたら
「レース編みの小さなウエア&インテリア」日本ヴォーグ社に掲載されている
コサージュが編んでみたくなったから。
カタチはクロッカスの花束みたいだけど、色がモノトーンにした事で
シックで大人な印象になったと思う。
いかにも手編みという空気が感じられにくい点も気に入りました^^
やっぱりオカンアートっぽいですかね?自分ではよくわからないです。




bouquet01.jpg
小さなお花を6つ編んでる最中の様子
こういう作業をしてると「内職」ってコトバが頭に浮かびます。



bouquet02
土台も黒のレース糸で編む指示。
とりあえずお手本どおり編んだけれど、実際に見えない部分だし
土台は黒のフェルトとかでもいいんじゃないかと思う。


bouquet03
裏側は2.5cmのブローチピンを縫い付ける指示でしたが、
画像のようなクリップ付きのブローチピンにしました。
2パターンの使い道があれば応用も効くかな?っと。





今回初めて手づくりタウンでパターンを購入しました。
想像していたよりずっと簡単でコレは便利でした。今後も多分利用すると思う♪
プリントアウトしとかないと365日キッカリで消えちゃうみたいで
そのあたりはチョット注意が必要だなぁと。







プロジェクトページ→bouquet

Corsage


レース編み

何を編もうか迷うばかりで少し編んではほどきを繰り返してます。
夏糸のプルは後身頃を編みかけで飽きてしまって寝かせる事にして、
春のショールを編もうかと押入れを物色してたら沢山糸を発見し黙って
何事もなかったように衣装ケースに蓋をしました。

結局、先日編んだブローチの40番レースで再び編みはじめました。

P13doily.jpg

懐かしい「雄鶏社」さんのパイナップルレースの本です。
倒産後随分経っているのに普通に本屋で売っていたのを見つけました♪ラッキー♪


春夏シーズンの定番
・アンダリヤの帽子&バッグ類
・リネン、コットン、シルクの巻物(ショール等)
ここらを必ず編んでるけれどドイリーはほぼ編んでません。勿論、今期も編むだろうけど。
以前にも書いたけれどレースの繊細なドイリーの使いどころが難しいのです。
上品で清楚なイメージのドイリー。雑でアバウトな私の部屋にはどう考えても似合わない。
一歩間違うと確実に昭和のオカンなイメージ。それはそれでいいのかな?

今回は、使用イメージはともかく
苦手なかぎ針編み(特に長々編み目、3つ巻き等高さが均一にしづらい)を
練習する事を目標にしようと思います♪


#13 Pineapple Doily

完成★#13 Pineapple Doily

3月20日を過ぎてからボチボチ編んでたドイリー。
完成しました。
IMG_3954

40番レースは指定のレース針が6~8号と1mm以下なので
ちょっと編みはじめるには気合のいるアイテムのひとつでした。
※レース糸&レース針は番号が大きくなるほど細くなる。


ドイリーを編むのは初めてではないけれど、
40番レースで20cm以上の大きさのドイリーは今回が初めてです!
本に掲載されている仕上手順+沢山レースを編んでるベテランさんの
ブログ記事を参考にできる範囲で正確に仕上る事にしました。

ピン打ち用意準備
・カレンダーの裏に24分割した円を書いておく
パソコンの画像処理ソフトで48分割まで書いた物をプリントアウトしてガイドとして貼り付けガイドに利用しました
・普通の透明なビニール袋の底とサイドを切ったビニールシートを用意
・編み上がったドイリーは洗ってタオルで挟んで水分をある程度とばした状態
※本来は洗濯糊を溶かした水に浸すそうですが我が家には洗濯糊がありませんでした^^;


ガイド用紙→ビニールシート→濡れた状態のドイリーの順に
重ねてピンを打つ順番に注意しながらピン打ち開始


ピン打ちまくり
※ピンは中心に刺した後、上下左右と常に対角線上に引張り気味に打っていきました。

ピン打ちまくり2
更に細かいところは少しずつ打つといいらしいけれど面倒くさいし、いい加減飽きたし
手持ちのマチ針が中途半端なのでこれくらいでピン打ち終了。
乾燥させて完成!スプレー糊を吹き付けました。


仕上前&仕上後のお写真!!ヘロヘロドイリーが生まれ変わった!
※クリックすると大きな写真になります
仕上前→→→IMG_3951



今回ドイリーを編んだ事で学習した事

ピン打ち最強!




プロジェクトページ→#13 Pineapple Doily

はじめてのシュークリーム

理由はわからないけれど「今日はどうしても○○が食べたい!」という日が
周期的に来ます。ケンタッキーのギトギトのチキンだったり、
カップヌードルの塩味だったり、中華料理の水母と胡瓜のピクルスの前菜だったり
そしてここ数日間の○○にあたるモノは「シュークリーム」

chu05.jpg
※この写真は2回目のモノです。


洋菓子店でなくてもパン屋でもコンビニでも売っている
メジャーな洋菓子シュークリーム。
買うなら南京町のエストローヤルのシュークリームが一番好き♪

クックパッドをチラチラ見るようになって家で作れるお菓子だと知りました。
※すみません、いい歳してそういう常識的?部分も欠落しております。
シュークリーム食べたい欲求が止めれず作ってみるみました♪

chu01.jpg
※↑1回目のバターを使ったシュー(皮)焼きあがった直後のお写真
ちゃんと膨らんでくれてメチャメチャ嬉しかった瞬間!

chu04.jpg
※これはクリームを注入後、粉砂糖をふった後のモノ。2回目のシュークリーム。
大きさとカタチにバラつきができちゃったけれどこちらもちゃんと膨らみました!


粉砂糖がなかったので…
普通の砂糖をミキサーにかけて粉砂糖にしてみる荒業に出ました
ちゃんと粉砂糖になった!少し多めにミキサーに入れると上手く行くっぽい。
ちなみに使ってるミキサーは離乳食を作るような小さなミキサーです。



1回目のレシピはバターを使うレシピで
クリームはカスタードクリームのみ

2回目のレシピはバターを使わずオリーブオイルを使うレシピで
クリームはカスタードクリームと生クリーム+水切りしたヨーグルトのクリーム



chu06.jpg
ダブルシューになっとう~♪

反省すべきは中身のクリーム!

2回ともカスタードクリーム作りましたが、
市販の「とろけるカスタードクリーム」的なカスタードにならず
昭和の風味あふれるモッサリしたカスタードクリームになりました。

2回目の生クリーム+ヨーグルトも思いっきりホイップしてツンツンに
角が立つ状態まで泡立ててしまった。(ハンドミキサーが楽しくて
調子に乗ってホイップしすぎたのが原因)
その後に水切りヨーグルトを加えたのでこれまた残念なボソボソっとした
重いクリーム
になってしまいました。


でも、ずっと食べたかったシュークリームを自分で作れた事が
何よりも嬉しかったし、見た目はともかく美味しくいただけた事も満足です♪
※シューはバターを使った方が美味しかった。でも健康を考えるならオリーブオイルかな?






2013年春夏・・・

例年どおり3月半ばを過ぎると春夏シーズンの計画をたてる。
実行率は低いけど、プランを練る作業って嫌いじゃない。
旅行なんかも同じで考えている間が一番盛り上がってたりする。


そんなわけで、在庫確認とザックリと2013年春夏計画を妄想開始。
しかーし、ここんとこ新刊を見てもwebでチェックしてもコレが編みたい!
コレが着たい!
っと心奪われるような事がない。
スランプかな?色々考える事があると純粋に楽しめないってのもあるし
また時期がきたら編物の神が降臨するはず!!(願望







以下、メモ



◆編み物
○ウェア用
・在庫の4plyコットン 10玉位あったはず・・・っと確認したら6玉?勿論廃盤だし悩む
・いただきモノのコットンツィードチャルカ9玉位?→プルかな?
・シンプルコットン/ネイビー10玉…編みはじめて放置中→多分ほどく。
・シンプルコットン/ライトグレー10玉・・・モチーフ試し編みして放置中


○巻き物(ショール、ストール)
・RavelryのKALひろばで開催されてたパターンを編もうかな・・・。
結構な数の巻物あるしなぁ…。うーむ(悩



○帽子or小物
・かぎ針編みのドイリー(祖母の残した40番レース100g玉を何とかしたい)
・タティングレースの何か
※タティングレース糸苦手意識を克服したい!本音は持ってない色のエミーグランデが欲しい!
編検の講習会で買ったはじめてのタティングレースって本とビーズ類を無駄にしたくない。

・カジュアルな帽子(ブリム小さめで)
もし、ちゃんと上記の在庫を使って何かしら着れる物が編めそうなら
新しくアンダリヤ系の糸(クラフト系っていうのかな?)を使って帽子を編みたい。


◆ソーイング
布のバッグが欲しい!→すてきにハンドメイド 2013年 04月号 [雑誌]購入済み!
この中からバッグとポーチを作りたい。お弁当箱用らしいけれど。

タティングレース再び

タティングレースとの出会いは2008年7月の事。

ブログを通じて知り合ったまぁともさんからいただいたピンクッションだった。
当時のブログ記事の写真にそのピンクッションがありました。


その後2009年2月にタティングレースの講習会にいただきもののシャトル持参で参加。
初めてタティングレースを編んでその可愛らしさに衝撃を受けると同時に
指がつる事も初めて体験した。→当時の様子はコチラ

棒針編み、かぎ針編みに夢中だったためそのまま放置。
シャトルも買った本もほぼホコリをかぶった状態のままアレから4年。
勿論、途中で2回位 再チャレンジを試みたのですが、結局カタチになりませんでした。



そして2013年!
気持ちも新たにタティング(再)デビューを誓います!!
本棚の整理をしてて存在を思い出したのは秘密


tat05.jpg

まず、手始めに図書館でタティングレ-スの本を借りてきました。
手持ちの本は作品はかわいいけれどよく理解できなかったため評判のいい本を探しました。
よくわかる本の次は練習用のシャトルと糸。(エミーグランデカラーズ)

さぁ、道具はバッチリ!
前に1度編んでるし大丈夫。でも最初から難しいものは無理。
なので基本のリング4つの四葉のモチーフ編むわよー!


っと小一時間、


tat07.jpg


自立する四葉のモチーフができました。

(´-ω-`)・・・せ・千里の道も一歩から・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。