2013年04月

完成★#14 Pineapple Doily

3月に完成させたパイナップルドイリーの本から
河合真弓先生のデザインのドイリーを編んでみました。

IMG_3956
指定はエミーグランデ(20番相当?)でしたが、
祖母の残した20年以上前の40番レースを使う事にしました。
そのため、サイズは小さめ(20cm程度)に。
2回目の40番レース、最初のドイリーより少しだけ慣れましたがヤッパリ難しいですね^^;


中央の部分がまるで花が咲いたように見えて
比較的単純な編み方なのにとても綺麗で可愛らしく気に入ってます。

IMG_3957


ただ、仕上が大変。
初心者には外周48箇所のピンを均等に綺麗に打つのは難しい&面倒くさい
作業でした(初心者というより、性格的な問題かも?)。
ともあれ、その面倒くさい作業をこなしたおかげでツンツンしていてカワイイ!!
とても気に入ったので、家族の目に付くリビングに花と一緒に飾っておこうと思います♪



プロジェクトページ:#14 Pineapple Doily



さーて、タティングの練習に戻ります!




【注意】下記2冊の本は内容が同じです。
雄鶏社さんが倒産したため、新たに主婦の友社さんから出版されました。
間違って2冊買ってしまわないように注意!!




スポンサーサイト

レース糸の保管

自立する四つ葉のモチーフを編んでからひたすら同じモノを編み続けてます。
tat10.jpg
写真からもわかるように先日買ったレース糸(エミーグランデカラーズ)で
タティングレース修行真っ只中です。
ようやくリングとピコットが出来るようになってきました!まだピコも目も揃えれないけれど。

そんな寄り目になりつつタティングと格闘している私の元へ
レース糸に目覚めた感を察知した気のはやい編友さんから
大きなレース糸他諸々が送られてきました。
ありがとう!knitさん

hikakulace.jpg
いただいたのはハマナカのシークィンレース糸30番(50g)
祖母の残した20年以上前のオリンパス金票(100g)と比較しても大きいです。

いただいた糸が汚れたら嫌なので
「100均でいいから、ケースを買ってきて」
お願いしたら母が買ってきてくれたのは・・・





IMG_4033.jpg


・・・計量ポット?



lasecase.jpg

最初はどうしてこういう事になっちゃうの・・・っと落胆しましたが、
いざ、レース糸をセットしたら非常に使い易い!!
注ぎ口の部分が丁度レース糸を引き出すのにピッタリなんです!!
しかもシャトルも一緒に収納できる余裕までありました。


ありがとう!お母さん!!っと感謝したら誇らしげに
「ちゃんと日本製やねん!」っと
意味不明な返しがきました。

さておき、道具が揃った事だし(シークィンはまだ出番ないけど)
四葉のモチーフをカタチにするぞー!!



ちなみにダイソーさんで売ってるみたいです。
お洒落度はゼロですが、コスパと実用度は高レベルです!!
ペットや小さなお子様の悪戯に嘆いてる方には特にお勧めします♪

完成★タティングレースのロングネックレス

タティングレース再デビューを誓ってから自立する四葉のモチーフを
量産し、講習会で完成するはずだったアクセサリーを完成しました。

Necklace


編む作業自体は基礎の基礎的モチーフをひたすら数を編むだけなので
非常に単純。ただ、初心者ゆえ手指がつりそうになりました。

tat11.jpg
シャトルは1つ。ダブルステッチ、リング、ピコットの3つの作業を
覚えれば必ず出来るアイテム。あ、あと糸始末の方法も!
写真のとおり量産した事で完璧とは言えないけれど、かなりこの一連の作業に慣れました。

色について不満はあるけれど、元々このネックレスを作ろうと思って
はじめたわけではないので仕方ないかな。次回作る時は作るものに合った色で
リベンジしたいです。
※といいつつ、3年越しに完成させた事で眠っていたビーズも使い切ったのが嬉しくて仕方ない!!
ともあれ、当初の目的のシャトルの操作に慣れるという意味ではいい経験になったと思います♪
イヤリングについては次の記事で書きます♪




プロジェクトページ→ #07_a_long necklace





今回のネックレスとイヤリングの編み図は
「はじめてのタティングレース:日本ヴォーグ社」からですが、この本は同じモチーフを
コースターにしたり、表紙のお花のブーケにしたり、鞄にアップリケとして
配置したりといった内容で見てる分には楽しいけれど最後にある0~9の文字の
タティングなど、使いどころが意味不明なものも多々あります。
なので、個人的にはあまりお勧めできないかな…。





同じ名前でブティック社から発売されている本は写真解説も非常に丁寧で
わかりやすく、コスパ的にも初心者にはありがたい一冊だと思いました。
他にも解りやすいタティングの本はイッパイありますが800円でこの充実した内容は拍手もの。
特にモチーフの最後で最初のピコットを繋ぐ方法が写真解説が非常に丁寧で
何回も糸を無駄にしちゃった私には目からウロコでした。

ただし、この本のわからないところは糸の持ち方の説明部分。
他のタティングの本どれを見ても左手親指と人差し指でつまむように書いてあるのに対し、
コチラの本は親指と中指でつまむ方法がメインで書いてある。
勿論、他の本の持ち方もありますよーと小さく書かれていますが・・・

どっちが正しいのかさっぱりわからないけれど、
ぶっちゃけ編む人が編みやすいと感じたほうでええんちゃうの?
というのが私の考えです。
棒針編みだってフランス式だのアメリカ式だのありますもんね^^


完成★タティングレースのイヤリング

前記事のネックレスとセットのイヤリング。完成です♪

drop earring

大事にしてるお猿のジュエリースタンドにかけてみました。


本の指定どおり、長さは4.5cm。
ドロップタイプで耳につけるとゆらゆら揺れてかわいいです。




drop earring2

手芸用のボンドで強引に金具とつけたから
ちょっと心配な点もあります。細かい作業って神経を使います。

完成できて嬉しかったけれど、少々使いどころに迷うイヤリングになりました。
アラフォーには ちょっと可愛らしすぎて着る服を選びそうです^^;

がっつりタティングレースにハマりました。
楽しすぎて、新しくドイリーのキットを買ってニヤニヤしてます♪
練習を沢山して編めるようになりたいです。


プロジェクトページ→drop earring





四角いモチーフのピンクッション

タティングレースが考えていた以上に楽しくて
小さなモノを失敗を繰り返しながら編んでます。


今回編んだのは小さな小さな四角いモチーフ。
Square motif_pin_cushion00

初心者向けのアイテムですが前回のアクセサリー2点の時には無かった
リバースとチェーン(チェイン)という編み方が入ってます。
画像の4つの角にある三つ葉を繋ぐ中央のひし形部分がチェインです。

2本の糸を使う編み方は複雑そうに思えたけれど
やってみると結局のところダブルステッチの連続。
このモチーフで一番難しかったのは最後の目を繋ぐ作業でした。





ともあれ、完成したら歪んでいようがピコットが不揃いだろうが
糸がねじれていようが嬉しくてたまらない♪


Square motif_pin_cushion01

さっそく あおっちさんからいただいたエコアンダリヤで
小さな籠を編んで…


Square motif_pin_cushion02

底に厚紙を入れて綿と一緒にハギレ布で包みフェルトで蓋をしました。
小さなピンクッションの出来上がり~♪
ですが、ここで先に出来上がった四角いモチーフを縫い付けて…


IMG_4072

あら♪プチゴージャスなピンクッション!!
ターコイズグリーンとオレンジのグラデーションの糸との組み合わせが
鮮やかでともて気に入りました。

またお気に入りの手芸道具が1つ増えました♪


プロジェクトページ→Square motif (pin cushion)









タティング修行中&嬉しい糸!糸!糸!

3月末からタティングレース修行につき、てあたり次第に
新たに入手した本から小さなモチーフを編みまくってます!
そのためか右手首の関節が腫れはじめました。いい加減限度ってのをわかる大人になりたいもんです。

小さなtatmochif

どれも初心者向けの内容である程度慣れた方なら簡単に編めてしまうものばかり。
私の場合、諸々の事情で半日編んでも完成しなかったモチーフもあります。
タティングって解くのが本当に面倒くさい。まぁ、それでも楽しいから仕方ない♪

tatatool.jpg

3月末にピンクとべっ甲のシャトル1本ずつ(合計2本2つとも頂き物)だったのに
新たにべっ甲2本、クロバーのキットを買ったらついてた2本が増えて合計6本に。

ちょっ・・・まだそんなにいらんのとちゃうの?って
声が聞こえてきそうですが問題はソコじゃない。


ALLlace.jpg


ドーン!急に増えました♪
といっても買ったのは画面左奥の40番レース10g×2玉のみ。(十分じゃ!
右手前の白レース#30は先日書いた編み友からの贈り物。
左中端のケース入りの白レース、青と紫のぼかし染めレースの3点は祖母の残した物。
それ以外の(ていうか大半)は別の編み友さんから一昨日届いた素敵なレース糸群!!!
あーもう、嬉しすぎです♪
一六三さん、本当にありがとうございます!頂いた糸は大切に使わせていただきます!!



糸と道具は書きましたが、本も勿論みなさまのご想像どおり増殖中~!
つまり、あと残るは

スキルUPのみっ!!
・・・(;´Д`)ウウッ…
どこから勉強していけば効率いいんでしょうかね?悩みます。

ちいさなてしごと:ドイリーのキット購入

先日チラっと書きましたが、期限付のポイント余ってたのも手伝って勢いで
「ちいさなてしごと タティングレースのドイリー・2 」というキットを買いました。
ドイリーのデザインが可愛くて、他のレビューが良かったのが決め手。


お値段は送料込みで930円(メール便)内容は
・白と茶のシャトル1本ずつ 計2本
・40番レース(手縫い糸みたいに紙の板に巻いてある)
・とじ針
・説明書=タティングの基礎1枚、編み図(実物大の完成写真付)1枚、編み方の説明1枚)

同じシャトルが1本300円前後で売られている事を考えたらかなりお得感があります。



届いていきなり付属の糸で編むのは怖かったので
手持ちの糸30番レース糸でまずは練習!


◆1回目
tat_1tryt.jpg
リングとリバース、ピコットは覚えたので比較的問題なく進んだ!
ただ、繋ぐ位置をミスしたり、忘れたりが多発。
途中、今編んでいるのが表裏がどっちがどっちかわからなくなって大混乱した。
初トライの「モックリング」も説明書が鬼丁寧でわかりやすかったおかげで何とかなった。
最後の繋ぐ部分でピコットをねじるのを忘れたためねじれたカタチで繋がってしまった。


◆2回目
tat_2try.jpg

1回目の反省から繋ぐ位置のミスは激減したものの、編みすぎて
やっぱり最後に繋ぐ事を忘れた。編み上がるまでに散々ほどいて編みなおしを
繰り返したため、疲れたのでパス。
モックリングの部分の糸の引き具合が均一に出来て居ないため
6枚の花びらっぽい部分がよじれて綺麗にいかない…。

どのくらい時間がかかるのかはかってみたら
編んでいる時間よりほどいている時間のが長いという悲しい真実を知った。


◆3回目
tat_3try.jpg

1回目、2回目の失敗を教訓にいざいざー!っと張り切って取りかかる・・・
片方のシャトルの糸が無くなった。
新たに巻きなおして繋げて編もうという気力はもう無い!





糸を切らずに2本にわけて巻くように指示があるけど
どのくらいの比率でA・Bのシャトルにわけたらいいのか書いてない。
取り合えず両方のシャトルに満タン巻いて取りかかった。

試し編みの結果わかった事
・最初のリングを編むシャトル(説明書:茶のシャトル)は
もうひとつのシャトル(説明書:白のシャトル)に対して1:4の割合

茶:白=1:4


物凄いやりきった感があるけど、これ1段目なんだよね(悲
中級者向けと書いてあるだけにチョット無謀だったみたい^^;
でも、もう2・3回練習したらいけんじゃない?って思ったり。
懲りないヤツです。










写真解説は無いものの、非常に丁寧な絵(図)と文章で内容充実のキットでした。
「てしごとのきほん」で説明されているタティングの基礎は下手な本買うより
解りやすい内容だと思った。
ただ1点残念なのは糸の巻く量の比率が書いて無い事。これは初心者には辛かった。

・ダブルステッチ(表目裏目の編み方)
・ピコットの作り方
・リングの作り方
・ピコットのつなぎ方
・ブリッジの編み方
・リバース・ワークの方法
・シャトルつなぎ
・糸始末、仕上方法
別紙でモックリングの編み方もありました。

紙3枚の説明書なので、外で編む時に便利!
久しぶりに買って良かった&自信を持ってお勧めできるお買物でした(・∀・)b

keychain

先日UPした「ちいさなてしごと」シリーズのドイリーを編みはじめました。
やっぱり難しくて散々失敗を繰り返し、嫌気が刺してきました。
編む事に嫌気が刺すのではなく、同じ事を何度も失敗する事にです。


そこで、練習に編んだ小さな蝶々のモチーフを
パーツやらビーズを付けてストラップにしてみました。

butterfly keychain


20番レースと30番レースで編んでみましたよ♪
本にはスワロフスキーのビーズを取り付けるように指示がありましたが・・・
青の蝶々にはスワロ+ハートのカットビーズ、
白の蝶々にはパールのビーズを取り付けました。

控えめなキラキラは好きです。
お友達にプレゼントし押し付けようかと考え中(-m- )フフフ…

小さな物をアレコレと編んでいるので細々とした作品の完成UPが続きます。
棒針もかぎ針も編みたい気持ちはイッパイだけどね。



プロジェクトページ→butterfly keychain






この蝶々のストラップも先日も紹介したコチラの本から編みました。

先生をされている方から貴重なコメントをいただきました。
糸の持ち方について、左手親指と人差し指でつまむように持つのが主流だそうです!

かぎ針編みに慣れたタティング初心者なら
コチラの本に書かれている方法の持ち方が比較的簡単に馴染めるかもしれません。
が、、、しかし、後々大きな作品やビーズの入った物を編むようになった時、
また教室に通う時に矯正しなきゃいけなくなる可能性が高いそうです。

棒針編みでもアメリカ式→フランス式って矯正することの大変さったら半端ないモンね。
貴重なアドバイス ありがとうございました(・∀・)ノ

完成小さなポーチ:shuttle case

楽しくて最近どっぷりハマってるタティングレース。


「タティングレースはシャトル1~2個と糸切りハサミ、
レース針1本、編み図があれば大抵どこででも楽しめる編物。」


っと書籍などで紹介されるレース編み。実際ちょっとした待ち時間や休憩中に
楽しめて時間を忘れる事ができます♪

折角なのでタティングの道具類を入れておくためのポーチが欲しい。
タティングとお裁縫の練習も兼ねて簡単なポーチを作ってみました。

shuttle case01

本ではセンターのモチーフは前回ピンクッションに使ったスクエアのモチーフを
使用する指示ですが、別のページにあった丸いお花のモチーフを縫い付けてみました。


shuttle case02

サイズは上記の画像からわかるように郵便はがきが入るサイズ。
型紙も作らず葉書を布地に直接置いて縫うという暴挙に出ました。
クローバーの縁取りとセンターのお花のモチーフはあらかじめ
ボンドで仮止めした後、手縫いで縫いつけてあります。


これでお外でタティングも大丈夫!忘れ物無し!!
とても気に入ってるけれど、いろいろ反省点はあります。
・ファスナーを付ければ良かった
・ポケットもしくは仕切りを作れば良かった
・このサイズで収納は十分だけど、糸玉が入る程度のマチがあったらもっといいかも?

などなど、次回作る時の課題にしたいと思います。(ぇ・・・また作るんかい?)




プロジェクトページ→shuttle case








お花三昧のドイリー

レース糸の在庫が増えてきた充実してきたのもあって
タティングレースではないかぎ針の小さなドイリーを3つ編みました。
3つともネーミングがお花盛りでかわいーったら♪

ohanadoily3.jpg

指定糸で編まなかったのでコースターというには微妙なサイズになりました^^;
どれも1日~2日で編める感じだったのもサクサク編めた要因。
かぎ針初心者としては達成感もすぐに得れるし、色々練習にもなったし楽しい時間になりました♪


ちなみに編み図は生地屋に「ご自由にお取りください」って書いてあったので遠慮なく・・・
生地を買いに行ったのに他にもアレコレ買っちゃって手芸店と100円ショップは散財ポイントだと思う。

シャトル他戦利品

↑画像は最近買った物色々(の一部)です。
らいださんが以前ブログで紹介されてたポーチプレート、タティングされる方からのお勧めがあった
ボビン付きのシャトル。以前から気になってたニットリングなどなど。

この人がお勧めするものは買って間違いないねって確信して購入♪
近いうちに試す予定です~楽しみで仕方ない!!




IMG_4130
プロジェクトページ→スズランのコースター



IMG_4131
プロジェクトページ→カーネーションのコースター



IMG_4133
プロジェクトページ→タンポポのコースター



編む作業は終わって苦手な最後の仕上作業がたまってきてます。
そんな理由でビッグサイズのシャトルを買ったけれど、
しばらくは小さな作品が続きます~♪

小さなお花のかんざし

少し気がはやいですが、夏の浴衣に似合いそうな「かんざし」を
タティングレースで作ってみました。

kanzashi

サイズは金具(コーム)部分を合わせても4cm程度の可愛らしい大きさ。
このコームの金具が中々売ってなくてパーツは出来上がっていても
完成させるのに時間がかかってしまいました。
作る前から準備しときましょうって話ですが・・・^^;




kanzashi01.jpg

画像のような4つの小さなモチーフを重ね合わせる事で立体的な
お花になるパターン。本の指定にはないけど寂しかったので
真ん中に半円形のパールを付けてよりお花らしくしアレンジ。
更に葉っぱの形のガラスビーズを付けてみました。


プロジェクトページ→かんざし




さぁて、タティングの編み散らかしはあと2点。
1つはパーツ待ち。もう一つはピコットの大きさ統一が出来ず苦しんでるドイリー。
ピコットゲージ、作り方はわかったけど使いこなせない;;






今回の編み図は少し前に蝶々のキーホルダーを作った本から
初心者には嬉しい小さなモチーフ&作品が多数あって楽しめる1冊。




↑ビーズ系の専門店らしく珍しいビーズの品揃えが充実してるお店でした^^
定型外郵便の取扱があって送料がお得です!

繊細なピアス

4月中ごろから編みはじめたピアス。完成しました♪
本の指定どおりに編んだけれど、本当はビーズを取り付けたかったけれど、
でもビーズを通してTピンを上手く丸める(曲げる)事が出来なかったので断念。


pierced earring_B&W
白いピアスも黒いピアスもどちらも同じ編み図。ちっとピンボケですね。
白は先日いただいた30番レース糸で編んだ物。黒は祖母が残した40番レース糸。

最初30番の白糸で編んでいて
ふと、30番と40番でどの程度の大きさに差が出るのかが知りたくなった。
もっと差がでるのかなー?と思っていたけれど結果は上記の画像どおり。
こういう小さなモチーフだとそれほど差は出ないのかな?

pierced earring_B
↑クリックすると画像が大きくなります。
黒はシックな大人のイメージ。
関係ないけれど、個人的に「大人かわいい」言葉が大嫌い!大人は可愛くなくていい!!


シャトル1つで編める小さなモチーフと思って取りかかったら
ピコットのバランスを取るのが難しかった。
花びら1枚に付きピコットが5つあるけど真ん中のピコットは他に比べて
気持ち大きめにしたほうが美しい!けれど、それが難しい!!!


pierced earring_W
↑クリックすると画像が大きくなります。
白は可憐で清楚なイメージ。

それから、リングとリングの間をリバースさせて繋ぐのではなく
ただ5mm程度の糸をたぶらせて次のリングに移るのでその5mmのたわみが
均一に出来ず歪んだりねじれたりで難儀した。


余談、金具を白×ゴールド、黒×シルバーにしたのは理由があります。
・黒×ゴールド=80年代バブル世代を彷彿とさせる。
・白×シルバー=悪くないけどビーズ無しだと華やか差にかける。

単に好みの問題だけどねー^^;
こんな小さな事でモチベーションがUPしたりするもんでこうなりました。



プロジェクトページ→pierced earring(ピアス)




ひとりタティング祭り開催中のGW前半です。後半は届いた糸にダイブするつもり。
・・・結局GWも普段と変わらず一人創作活動な日々だわ^^;

次の完成記事は モックリングモリモリドイリーの記事をUPします!(多分)
現在仕上中!!写真を撮らねば~♪

完成★タティングレースのドイリー(ちいさなてしごと)

お約束どおり、「ちいさなてしごと」シリーズのドイリーが完成しました!
最初に言っておくと、初心者が手を出すと火傷するキットです。

タティングを始めて1ヶ月という事を差っ引いても
今まで色々ドイリーを編んだ中で(タティング以外も含めて)一番頭が痛くなるパターンでした。


chisana_teshigoto_doily02

その分、達成感と満足感は半端ないです♪
正直に言うとセーター一着編み上げた時より嬉しかった。

chisana_teshigoto_doily
もちろん、↑のようなミスやアイロンあてても歪んでる等は難点は多いけれど
そんなの事は次回気を付ければいいお話・・・。毎回言ってる気がしますが…


chisana_teshigoto_doily01

あまりにも嬉しかったので額縁に入れて部屋に飾ってみました。
いやーん♪ちょっと小洒落た家の人みたいやん!
普段こういう事出来ない人間なのでどれ程、舞い上がってるか察してください。




浮かれてキャーキャーはしゃいでたら、毒舌女王から
「ふぅ~ん、あら珍しく綺麗ね♪歪んでるけど」
「うっ・・・・うん、でもめっちゃかわいーっしょ?」
「うん、そうね。で・・・これって何するもの?もしかして飾っとくだけ?
「・・・ま、魔よけになるはずよっ!」

今日も母は現実主義、超合理主義、スペシャル成果主義な人です。
そのため、その場しのぎの嘘ついちゃったけどいいんです!!

私は創るのが楽しいのだから。




プロジェクトページ→タティングレースのドイリー








前回も強くお勧めしたこのキット。
タティング初心者&諸々の事情で手にハンデがある私でも
カタチにする事ができました。
もちろん、取扱説明書にある2日間で完成は無理でしたが^^;
ショコラ色とクリーム色のシャトル2本付いてくるだけでも十分得した気分です♪
今回の反省を踏まえて、次は糸をかえて違う色のドイリーを編みたいと思います!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。