2016年10月

KATを2つ

うだるような暑さの中、編み上げた冬の帽子鶯色のKAT。本では
平編み(往復編み)で最後の編地をすくいとじして仕上げる
指示だったけど輪に編んた。
鶯色が完成してから、心の片隅で指示通り編んでないよね?
とか並太なら何でもいけんじゃない?とか沸々とこみ上げてきて
やっぱりちゃんと指示通り編んでみよう!っと
お気に入りの濃紺の毛糸で編み始めた。

KAT1
久しぶりの棒針編みで英文パターンだった事もあり新鮮!!
これだけみると目数を増やせば扇上に広がって
つけ襟みたいだなぁとも思った。

さてさて、このパターンで苦戦したのは英文読解。
rep=repeatの解釈
~3times=3回繰り返す
~3times more=更に3回繰り返す

読み間違いやすい箇所
P1 , K1 , tbl=裏1目 表1目 ねじり目(合計3目)
P1 , K1 tbl=裏1目 表1目のねじり目(合計2目)
※カンマが入っているかどうかを見落とすと目数が違ってくる

KAT3

鶯色のを編んでる時、がっつり見落としたり、繰り返す回数を間違えたりして
全然思うようにならずTwitterでギャウギャウつぶやいていたら
親切な方がアドバイスとヒントをくれた♪Twitterやってて良かった^^
感謝!感謝!

おかげで2つ目の時には苦労することなく編めた。
ただ、鶯色のKid Classicは2玉用意したけどかなり糸があまった。
しかもビッグサイズ!でも脱いだときに髪型気にする事はなさそう。

濃紺のSilk A La Mode (シルクアラモード)2.5玉用意したけど
これもあまった。防寒という意味では濃紺のほうがいい感じ。
並太ならこのパターンは2~3玉(250mくらい?)あれば十分編めそう。
万が一編んでてギャー!足りなーい!!ってなっても
最後の1模様は削ってもわかんないんじゃないかな?(Ф∀Ф)フフフ・・・



プロジェクトの詳細ページは→ここ
Kat by Kim Hargreaves



2009年に出版された本なので既に5年以上たつけれど古臭さは感じない
デザインのアイテムが多いお気に入りの編み物本♪
スポンサーサイト

ヘンリーボーンのベスト途中経過

左右前たて
先月からノロノロと編み進めてるベストは左右の前たてが完成♪
ひゃっほーぃ♪
糸は40g(120m)*8玉用意したんだけど、1玉近くあまりそう。
脇の減目で「一目たてる減目」とそうじゃない減目をすっかり忘れ
あたふたした。基礎本が手放せませんね。

そして、引き返し編みのないパターンでよかったと心から思う。
今編むとパニック起こしそうだし・・・(ぇ

アルパカリリー糸端
リリアン調の糸なので中央が透けてる。
空気を含んでふっくらと軽い(そして編んでると引っ掛けやすい;;)
アルパカ独特のぬめりというかしっとりした肌触りはほぼない。
チクチクレベルの表現は難しいけど・・・
私ならネックウォーマーは編まないけど帽子なら編むレベル(伝わるかな?)
もう一度買うか?と聞かれたら「機会があれば買いたい」と答える糸。

Herringbone Vest









定価なら買わない!400円台なら買う!貧乏くさくてすみません><



↑脇の減目、前たての減目とか面倒っちいとこは全部チャート図があったので迷うことなく編めました。他の編み図も基本そういうスタンスっぽい。
タイトルはアレだけど沢山種類がのってて良かった!

ヘンリーボーンのベスト途中経過2

10月半ば過ぎてやっと秋らしくなってきたなぁと思っていたら
蚊に刺された。地震、台風と毎週のようにニュースが流れ
いよいよ地球ヤバイんじゃない?と思わずにはいられない。
蚊に刺されて実感するのもおかしいんだけど。

後ろ身頃と左右前身頃
後ろ身頃も編みあがったのが嬉しくて写真を撮ってみた。

上の画像からもわかるけど糸が予想以上に余りそうだなーって・・・。
買うときはいつも不安で多めに買ってしまう。いつになったら
予定どおりに使いきれるのか本当に悩ましい。
この時点でおそろいで小物(ネックウォーマーかハンドウォーマー)を考えていたら
我が家の毒舌女王@母の鶴の一声で帽子を編むことになった。

あまりで帽子
そんなわけで、袖のゴム編みと平行して帽子に着手。

どうせならと同じヘンリーボーン模様でとリクエストという命令に従い
作り目120目>平編みで脇はすくいとじ>最後ゴム編み部分で輪にして編む
↑の段取りで編むと万が一糸が足りなくてもゴム編みの長さを調整すれば
カタチになるかなと・・・(それでもまだ余裕っぽい)

TOP減目は迷いながら他の帽子の編み図を参考に我流でやってみた。

Herringbone Vest



肝心のベスト本体は長~~~い前たての拾い目に若干うんざりしつつ
あと少しでゴールぅ♪っとモチベーションをあげてます^^v







ヘンリーボーンのベストと帽子完成

9月末から編み始めたヘンリーボーンのベストが編みあがりました。
あまった糸でおそろいの帽子も編めたのは大満足♪
IMG_4915

アルパカリリーはふんわり軽い。おかげで着てもノーストレス♪
ただ、リリヤンタイプの糸なので慣れるまでは糸を割ってしまって
結構イライラさせられた。あとアルパカが20%入っているらしいけど
そこまでアルパカ感はないので過度の期待は禁物。

久しぶりに冬糸でウェアを編めた(ここまで手が動くようになった)事が
嬉しい。身体が回復していくペースと一緒に忘れていた編み方も
少しずつ思い出してきたかも^^v
明日、仕上げのアイロンをあてて母に渡します♪

Herringbone Vest


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ハマナカ】ソノモノ アルパカリリー 【C4-11】
価格:496円(税込、送料別) (2016/10/29時点)


↑こまどりさんでは編み図ももらえるみたい。
ロングカーディガンは糸を吟味しないとデザインは素敵でも
重量ありすぎで着ると肩がこってお蔵入りって場合がある。
けれどこの糸なら軽いから安心。時間が許せば編みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。