スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フード付きベスト暗黙のルール?「ヨーロッパの手あみ2012秋冬」より

「ヨーロッパの手あみ2012秋冬」より編んでいるフード付きベスト。
後身頃に続き、前身頃もようやく完成しました。

Hood Tunic Vest02


両サイドは裏メリヤス編みのため、クルクル丸まってますが、
着丈を確認しつつ裏メリヤスを「すくいとじ」肩を「かぶせはぎ」にして・・・っと
なかなか順調やーん♪なんて調子に乗ってたら
なんかけったいな事になってる・・・おかしい・・・(汗





Hood Tunic Vest04

初のフードを編みはじめて気が付いたのは本の指定だと
「掲載画像のようにはゼッタイならん!」
ちゅー事です。(掲載本:上記画像赤丸部分参照)






Hood Tunic Vest03

模様編みの指定は5目の編み出し増目の後、右上5目一度で終わる段で肩をはぐ
指定になってますが、画像では5目の編み出し増目が省略されてます。
つまり、省略したほうが肩のかぶせはぎは綺麗・・・。
これはいわゆる暗黙のルールってやつなんだろうか?

もう、編んでしもたがな・・・(´-ω-`)








いいさ、いいさ、人柱っぽいけど負けるもんか!めげずに編むさー!
って意地はっても、凹みまくりで手が伸びません。ちょっと気分転換しよかな。




※ちなみに、こちらのフード付きベスト編み図に上記以外にも小さな誤植があります。
まだ正誤表が現時点でUPされてませんが、交差模様が裏編みにすべき点が
表編みの交差になってたりしてます。(問合せ済み)
もし、編んでる方、これから編もうと計画中の方がいらっしゃったら要確認です!

正誤表一覧:http://book.nihonvogue.co.jp/correction/correctionTop.do



#12 Hood Tunic Vest




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。