完成★フード付きのベスト(ヨーロッパの手あみより)

Hood Tunic Vest07
ゴム編み止めとボタン付けを放棄してたフード付きのベスト完成させました。
パチパチの腕は見ないでください。




Hood Tunic Vest09
クリックすると画像が大きくなります
前たてのゴム編み止めをキツメに仕上たらきつ過ぎたらしく
ひきつって裾がペロっとまくれてきます。角ボタンの重みで押さえらえてますが…。
前はボタンでとめているだけなので、少年のような体型の人には似合うデザイン。
丸々プクプクな人(私を含め)はどうしても前がボタンを止めても開いてしまいます。
前たてをもう3cmずつくらい裏メリヤスを増やせば良かったのかも?
もしくは、ファスナーを付けるのもいいかもしれない。(やらないけど)






Hood Tunic Vest08
クリックすると画像が大きくなります
フード部分が肩を覆い暖かいです。
着丈を短くした事で着回しがきく1着になったと自画自賛♪
ただ、交差編みの向きを一部間違えていたり、以前のサイズと比べて
太ったせいか腕周りが若干キツイです。血が止まるほどきついわけじゃないので
このまま着倒す予定。「そのうちゴム編みが伸びてくる」と信じて…。


Hood Tunic Vest10
けいとのコーダさんではパピーの指定の角ボタンが4つセットで売られてますが
オカダヤオンラインショップさんの角ボタンの色が気に入って
本物の水牛のボタンだと信じて購入。水牛の角にはチョットうるさい父が
これは絶対に水牛の角じゃない!っというので確認してみたら素材はポリエステル。
残念だけどまぁいいや♪コッチの色のほうが明るくて色が優しい感じがします





ともあれ、長い時間かかってしまったこのベスト。
初めてのフード付きで初めての【パピー 】 ブリティッシュエロイカ
編み応えのある交差模様が楽しかったです!
コレを着て紅葉狩りなり湯豆腐食べに行くなり秋を満喫したいもんです。


#12 Hood Tunic Vest
プロジェクトページ













関連記事