スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

search patterns,search yarns

先日ゲージをはかって編みはじめたVivienneは
色々と問題を抱えつつもノロノロと成長してます。
たいして進んでないので「Ravelryの迷い方 vol.2」を書きます。




Ravelry 少しずつ慣れてきたとはいえ、日々迷路に迷い込んで抜け出せなくなってます。
とはいえ、見つけてコレはナイスだ!っと思える機能が満載で
英語がわからないなりにも楽しんでます。
そんな素敵な機能のひとつ、
どうやってパターン(編み図)を探すのか?ってお話です。






◆パターンの見つけ方

1,Ravelryにログイン後、画面左上から2つ目の「patterns」をクリック(赤丸のところ)。
01.jpg



2,画面がsearch patternsって文字が左上に出る画面変わったら
何も文字を打たずに「search」ってボタンをクリック(赤丸のところ)。
02.jpg




3,画面が変わって様々なパターンの写真が表示され心躍る。
下記画像では右側のプルダウンメニュー(押すとダラダラーっとカテゴリーが出てきて選べるところ)は
「Best match」「Large thumbnails」になってます。他にも色々選べるので試してみると面白い!

003.jpg






4,同じ画面(3の画面の時)左側にあるリストを見てみると色々と分類されている。
左側のリスト中から、糸量~gで、針号数が~mmで、素材はウールで・・・
等々自分で選んで細かく選んでいけばピッタリのパターンが右側に表示される。
もちろん、ざっくりと「棒針編み」「0~150g」とかでもOK。
私は目的もナシに買っちゃった糸で何を編んでいいのかわからない時に良く利用してます。

下記画像ではカテゴリー>アクセサリー>帽子(hat)を選んでみた場合の図。
8915パターンもあるって事ですね!
004.jpg





ちなみに同じ方法で糸も探せます。
最初の画面でyarns>search yarns>あとは左側に出てくるリストから思う糸を選べばOK

例えば、
指定が輸入糸で近所のお店じゃ売ってへん!とか
編み図があるけど指定糸は高級すぎて無理!とか・・・
ようは
代用できる糸はどれやろ?って時に重宝してます。
貧乏臭くて申し訳ない…(´Д⊂グスン






Ravelryは英語が堪能な方なら苦労なく馴染め、最大限に利用できる便利サイト。
けれど、そうじゃない私は最初の頃から現在に至るまでメッチャ苦労してます。
ラベリーの日本人グループで質問すればスグにレスはあるし助けてくれます。

しかし、「何を聞いていいのか解らない位、解らないから質問のしようがない!」
というレベルなので解った事だけ記録(忘れない)ために記事にしておきます♪
そして私と同じ英語アカンねん!っと言う方の参考になれば幸いです。

RavelryのサイトURL=http://www.ravelry.com/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。