完成★ガーター編みのスヌード

7mmの太い輪針で編んでいたスヌード、完成しました。

leftovers of many different kinds01


元々はゲージを測るために編んだ編地群。いかにも半端糸の寄せ集め的な雰囲気は
否めませんが、軽くて暖かいスヌードになりました。
何ていうか遊牧民(ノマド)っぽい感じがします。←ええように言いすぎ!

半端な余り糸は大量にあるので、その中から無難な色を中心に
比較的肌触りの良い糸(メリノウール、アルパカ、モヘヤ等など)を集めました♪

詳細は下記 元ネタ参照



leftovers of many different kinds02



何一つテクニックの必要の無い物なので最後にひとねじりして輪に綴じました。
22cm×180cm(平置きだと22cm×約90cm)3重巻きできる長さです。
つぎはぎな糸のおかげで変化のある使い方(巻き方)が楽しめそうです。
欲を言えば、もっとかっこいい余り糸っぽくない1枚にしたかったなぁっと反省中。

プロジェクトページ>Garter Stitch snood








●使った糸の元ネタ●

・ソフトメリノ並太→このブランケットの余り糸

・バーリ→この帽子とセーターの余り糸

・スノージュエル→このベストの余り糸

・アンデス並太→このセーターの余り糸

・ロンシャンクインテット→このセーターの余り糸



プチノスタルジックな気分+半端糸、大事にしすぎやろ!っといった
突っ込み気分が交錯しつつも半端糸、
余り糸が使えるナニカに変身した事が嬉しくて仕方ない!


関連記事