次はコイツだ!

喜代さんからお年玉プレゼントでいただいた糸のシャンベルデューク。
触ったらウットリしちゃう糸だったのでウェアを編む事にした。

Shanbell_ DUKE

渋みのある大人なグリーン!


sosiki.jpg

毛100%とアッサリ書かれてますがじっくり見たら
英国羊毛50%アルパカ30%モヘア20%との記載も。
「アルパカ」の文字を見ると小躍りしてしまう。





p22aran.jpg

色々と候補はあったものの、オーソドックスで使いやすそうなパターンを物色し
「ヨーロッパの手あみ 2011/秋冬 日本ヴォーグ社」より
P.22のアラン模様のセーターに決定♪
アラン模様のセーター持ってないし、前から編んでみたいなーっておもってたし!



しかし、気になる点がいくつかある。

・肩に引き返し編みのあるデザイン(未体験ゾーンだ!)
・襟ぐりがダブルでまつる指示(未体験ゾーンだ!2回目しかもキライなデザインだ!)
・ウエストシェイプされてる細身のデザイン?(太ったアラフォーが着たら石投げられる?)
・編み上がる頃には春の予感(マッハで編まなくては・・・)



編み上がった物を使う楽しみもあるけど、編んでる事が楽しいー♪
一番楽しいのは編み上がりを妄想して計画してる時かもしれない(^ー^*)♪


足りなくなった時の対策もバッチリだし(ありがとう!喜代さん)
まぁ、ゲージはかってOKっぽかった。どないかなるハズ。
※裏編みのゲージしか測ってないけどねー♪

関連記事