プチノスタルジックな夏帽子

亀裂の入ったトマト、根性悪そうなキュウリなど個性的な形の野菜を庭の隅っこから採る。
この野菜、見た目は悪いけど新鮮で美味しい!
家庭菜園っていうほど立派じゃない小さな花壇の一角なのね。
作業用に新しい帽子が欲しいとかぎ針編みの帽子を編んだ。

コットンの帽子

編み図は5~6月に買った「すてきにハンドメイド」より。
糸は・・・

Aran S
毛糸と手おり糸のメーカーです。でお馴染みのピエロさんのコットン・ニィート(623グレー)
Aran Sweater (アランもようのセーター)を編んだ時のあまり糸



ハンチング
毛糸ZAKKAストアーズのしなやかスーピマ綿グレー(とっくの昔に廃盤)
ハンチング帽を編んだ時のあまり糸
※当時Ravelryに参加してなかったのねん。


ストレートネックセーター
ハマナカのかろやかコットン(生成)。
Straight-neck Sweaterを編んだ時のあまり糸


フフフ・・・あまり糸三昧の帽子になった!
コットンなので庭で汗をかいてもサブサブ洗濯できるのはいいところ。
白のボーダーラインを2本とかにしたらもっと夏っぽかったなぁと反省。

ところで、あまり糸で編むと
「あ!この糸は~編んだ時のだ!あれめっちゃ面倒くさかったなー^^;」
「あのセーターは編んで正解だったな、また編みたいな♪」とか
なんか色々覚えてたりする。そして懐かしい。

次は夏の仕上げ、黒プルの記事をUPするかも(もう編めてる&時々着てる)


関連記事