スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト途中経過

身体の調子悪いだの、手痛いだの言いつつも時間だけはタップリあるので
「アランもようのウエアと小もの」から編んでいるベストはここまで進みました。


shanbellsports04.jpg

「裾のゴム編みから身頃の模様編みへと編み進むようにね♪」っと
編み図はやさしく指示している。

「悪い、長さ調節したいねん。お楽しみはゴム編みは後にするよ。」っと
クールにつぶやいて別糸からスタートしました。
そのぶん、苦手な二目ゴム編み止めをせねばならんのだが…(涙


上の画像で3玉目に突入した状態。
ダイヤ模様の2つ目の途中あたりで1玉目が終わりました。
写真では交差模様の横にあるチョロっと出てる糸端が切れた位置





ところで糸ってどうやって繋げてますか?
ちなみに私の知ってる糸を繋ぐ方法は大雑把にわけて3つです。


A:糸端をフェルト化させて繋ぐ
ウール100%糸で撚りの甘い物、ロービングヤーン向き。
ただし、編地に多少厚みが出ちゃう時や上手くフェルト化しない時もある。

B:編地の途中では糸を切らず編地の端で糸を切る
糸が多少勿体無く感じるが綺麗に仕上がる。
ただし、ウエア等で端を綴じる場合で糸が太いとゴロゴロする。

C:シンカーループ(目と目の間の糸)にくぐらせて処理
糸の無駄が最も少ない。
ただし、丁寧にしないと編地の真ん中で糸が引きつったり、
微妙にその部分だけ厚みが出たりする。


という事で、今回は編んでる途中で糸が突然終わってしまい
ほどくが癪だったのと、フェルト化で繋げるのは難しそうなのでCの方法に決定。
といってもまだ糸をくぐらせずにゆるく結んで放置状態、最後にまとめてやります!


ダイヤ柄の中の鹿の子編みが微妙にミスしやすいけど
模様が浮き出てくるとウレシイ!!
前身頃3玉+後身頃3玉+袖ぐり・襟ぐり・裾のゴム編みで2玉=8玉でいけるかな?





Diamond-patterned Vest (ダイヤ柄のベスト)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。