スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴム編みvsメリヤス編み

3月も最終週になると春めいて作日は強風だったけど良いお天気でした。
春まっしぐらな時期にガッツリ ウールの画像ですよ♪
といっても目で見て楽しい記事じゃなく、初心者の戯言なので苦手な方はスルーして下さい。





編む人は何かしら好きな編み方ってあると思うんです。
私は「ゴム編みLOVER」です。
「メリヤスより複雑で交差編みより動作が少なく、
鹿の子編みや透かし編みよりミスが少ない」
というのが理由のひとつ。
だからといって綺麗に編めるわけではないので、その辺は突っ込まんで欲しい!!


ウェアを編むと余った糸でマフラーや帽子を編もうと考える事が多いです。
そこでやっぱりゴム編みですよ!!

余り糸の場合、ウェアで一度メリヤスゲージを測ってる事もあって、
編地は違えどゲージを取らずに突っ走った経験ありませんか?私は常にソレです。
そうして、慎重になりすぎて「まだ余ってもうた!」とか逆に
「後ちょっとなのに足りなかった!買い足すか・・・」という本末転倒っぽい事態になる事も。
まぁ、仕上がらなかった中途半端な編みかけはお蔵入り決定が定説・・・(悲



メリヤスゲージだけでリブ編みの出来上がりサイズを予測できれば・・・(憧
基礎本によっては答えが載ってるケースもあるんですが。

IMG_1785.jpg


A)上は棒針11号(5.4mm)でゴム編み(2×2のリブ)26st=10cm
B)下も棒針11号(5.4mm)でメリヤス編み16st=10cm


同じ糸、同じ針で編み、延ばしたりせずサイズを測りました。
伸びゲージの取り方は、求めるフィット感によってカナリ差が出るもんなので省略。
メリヤス編みと2目ゴム編みなら約60%くらい縮むって事になりました。
ちなみにどちらも重さはほぼ同じでした。(最小表示が1g単位なので、その辺はアバウトです)
ゴム編みは断然小さく見えますが引っ張ればメリヤスと同等の面積があります。



という事は、面積を稼ぎたいなら同じ糸量の場合はメリヤス編み。
ゴム編みの伸縮性を利用すれば、真っ直ぐ編んでも身体に沿うデザインに仕上がるハズ。
基礎本に書いてあってもへそ曲がりで疑り深い性格なもんで
「ほんまにそうなんやろか?どんくらい縮まってるんやろ?」っと
疑問が頭を渦巻いて落ち着かなかったのです。


画像は同じようになるため割愛しましたが今回は10号、11号、12号の3種類の針で
各2種類の編地を編んでみました。12号の編地が一番柔らか♪マフラー向きでした。
さて、納得したんだからこれを今後編む物に活かしたい&実証したい!
っと余り糸からは妄想が外れて来ましたよ。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。