スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2目ゴム編みで脇下の減目

週中ごろから一気に春めいてお庭の梅が満開になりました。
例年どおり、今年も音痴なウグイスの声が朝から響いてます。
鳥の世界にも遺伝ってあるのかなぁ・・・?




さて編み物。
黒のベストは後身頃は襟の減目手前まで
前身頃の右側に取りかかり脇下の減目までたどりつきました。

2rib_01JPG.jpg
画像は糸が真っ黒なのでいつもよりキツメに補正してます。
黒い糸って編む時も見づらいけど、写真にしても編み目、編地を思うように写すのが難しいですわ。



今回の2×2のリブを編む上で私の小さなこだわりの1つ

「編地の端の処理」

編み物教室に通ってるわけじゃないし頼りはネットの情報と手元の基礎本の情報を元に
ひたすら試し編みした結果なのでかなり冒険&でたらめ要素が強いです。

・裾は2目ゴム編みの作り目(別糸を使う)で伸縮性のある裾にする事
・脇の目がキレイに見える努力をする事


上記言いわけをふまえてこだわったのがこの2点。
まだ途中段階なのでうまくいくかが目下の心配事だったりする・・・(汗



2rib_02JPG.jpg

1つめの「伸縮性のある裾」は基礎本を参考に
後身頃は「表編み2目で始まり表編み2目」で終わる作り目にして
右前身頃は「表3目で始まり脇側が表2目」で終わるようにした。

なんで「表編み3目やねん?」って話ですが
これは2つめの「脇の目がキレイに見える努力」です。
たた&たた夫さんのHPで詳しく紹介されていて「なるほど!」と納得し、早速トライしてみたっちゅー事です。
脇側は、としじろとして1目ずつ消えるはずなので2目ゴム編みが
続いているように見せるために表編みの2目に。
減目開始時に同じ理由で袖ぐり減目は表3目が並ぶように編んでます。
これで脇の目がキレイにいけばいいんだけどなー!!!


さて、襟ぐりの減目をどないするか考えます・・・
ぇ?今から?とか言わないように!こんなもんかなぁ?的な編み方は
想像していたよりずっと楽しい♪



※マフラー説明のページURL:http://www.tata-tatao.to/knit/plainmaf/rib.html
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。