スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧アンダリヤで編みはじめ

くるみボタンのヘアゴムを作った後、手首が思いっきり腫れて
当分、編物は無理だなぁと湿布まみれの手を見て凹んでたら
翌日には調子が戻ってた♪
これは編めるかも?っと大喜びしてアレコレ物色。

リーフィーを買いたくて仕方ないけど取り合えず手持ちの糸を
何とかしなきゃって事で古いアンダリヤでバッグを編む事に決めた!
安易すぎるっちゃ安易すぎるんやけど。


旧アンダリヤ

現行のアンダリヤは40g。旧バージョンのアンダリヤは50g。
たったの10gなのに、みっしりズッシリした印象。

マットな紙糸、ヘンプ系の糸とは違うテラテラと光るのが
いかにもアンダリヤらしい(パッケージのせいか昭和な感じ)



旧アンダリヤ01



この2玉とあと少しの半端糸で編みきれるパターンを物色。
中々、このg数、この色と制約があると見つからないから厄介。
探すのにいい加減疲れて、編み図ナシで編みはじめる~♪



旧アンダリヤ02

作り目6目でスタートして毎段6目の増目をして1段96目になったら増目をやめてひたすら編む。
何も考えずひたすら細編みを編みたい気分だったので特に凝った事はせず、
糸を適当なとこで変えて縞模様にする事にした。



どのくらいの深さにするか、持ち手をどうするか、内布付けるかどうか
他も迷うところはイッパイ。迷う事が多いと手は止まりがちだけど
その分、完成を予想して編んでいる時間が楽しかったりする♪
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。