海外通販で買った糸

円高で1ドルが70円台に突入してから海外旅行は無理でも
海外通販しないと損な気がしてきました。


そこで、海外のお店からお買物にレッツ・トライ♪
買ったのは大好きなツイードの糸。Kathmandu Chunky(カトマンズ・チャンキー?)。



7月26日に注文して8月7日に届きました。
確認メールの住所が思いっきり文字化けしていて思い切って
英文メールを送ったらWEBSさん(買ったアメリカのサイト)から
「大丈夫よ!届くまでの間にバーゲン中だし、もっと買えばよくってよ。」
的な内容のお返事をいただきました。

Kathmandu Chunky
包装はこれでもかってくらい雑。しかも中のビニール袋は破れてました。
でも、これは通関手続きの際に中身をチェックするためによくある事なので
こういうのが気になる神経質な人は海外通販はしないほうがストレス無くていいと思う。



6玉とカワイイお買物♪・・・のつもりが
この糸、100g巻き(130m)なんです。つまり600g。
やっぱり着分買いの癖がでました。

hikaku.jpg
ポームの25g玉を編んでる時に「デカイ!」と思ってブリティッシュエロイカよりも更に

「デカイ!」


ついでに、糸の太さ比較
比較2

Kathmandu Chunkyは6.5mmの針(14~15号針)で14st=4inch(10cmに14目)と
ラベルにはあるけど見た目も成分(ウール、カシミヤ、シルクの混合比率)も
ところどころに混じる藁の具合もPuppyの廃盤になったVaralloにそっくり!!
Varalloは8号針で10cmあたり17目。40g80m。
Kathmandu Chunkyは40gだと52m見た目の印象と随分違う!




っとやや興奮気味に書き連ねましたが、珍しく編む物は決まってます!
以前から編んでみたかった襟ぐりから編むパターンのカーディガンです。
KnittyよりフリーパターンのIcedを編むつもり♪
秋にTシャツの上からタラ~ンっと羽織ったらええ感じちゃうかな?っと妄想中です。

円高を利用してみたものの、高かったのか安かったのか???
送料がネックです。年中送料に悩んでる北海道や沖縄のお住まいの方なら
気にならないはず。たぶん、次にチャンスがあればまた買う~!!(在庫の事は忘れてます)











~海外通販メモ~
1、Paypalの会員になる
2、お目当てのサイトで買物をする(今回のお店はWEBSさん)
※送料やTAX(税金)など商品以外にもお金がかかるのでチェックしておく。
※送料はお店によっても違うし、買った金額、量によっても変わる。
※TAX(税金)や手数料はポンド、ユーロ、ドルと各地域によって差がある。
※船便は送料が安いけれどビックリするぐらい時間がかかるのでオススメしない。
3、商品が届いたらスグに中身を確認する
※注文内容が違う場合はできる限り早い段階で手続き(販売店にメールする等)をする

・paypal日本語サイト
↑ここで会員登録をすると海外サイトでクレジットカード番号を入力せずにお買物ができます。
全て日本語+わかりやすいイラストで説明されてるので安心。
登録して数年が経ちますが変なメールが届く、支払い料金が違うなどの
トラブルは今のところ全くありません。

万が一、トラブルにあってしまったら
・海外通販でのトラブルメール例文サイト→http://bicycle.kaigai-tuhan.com/basic/example-sentence.php
自転車パーツを個人輸入する人のサイトですが、海外通販全般で参考になる情報があります。
・越境取引に関する消費者相談窓口(消費者庁窓口)→http://www.cb-ccj.caa.go.jp/
海外通販に詳しい相談員が、メールやファクスで消費者の相談に対応してくれる。




いつもコメントありがとうございます。このたび、コメント欄を閉じる事にしました。
今後は拍手の欄を「読んだよ!」と気軽に押してもらえたら嬉しいです。
関連記事