スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iced:身頃の減目と腕周り問題

飛行機雲が綺麗な青空の朝、フリーパターン「Iced]を編みはじめました。
TVを見ながら編んでいたら天気予報で
「夏の雲は垂直に伸びて秋の雲は横に漂う」って話が出た。

飛行機雲
そういえば、確かに入道雲は垂直にむくむくっと膨れていく感じだし
秋に見かけるほうきで掃いたような雲は横に薄ぼんやりしてたような・・・。
この時間の空は夏と秋が同居した状態にみえる。
秋が近づいて来てるという事なのかな?
これだけ毎日暑いと、はやく涼しい季節がやってきて欲しいと思わずにはいられない。





さて、毎日気温30度超えの残暑が続く中、極太の冬糸を鉛筆ほどもある太い針で
ガンガン編むのはさすがに厳しい!!

IMG_2583.jpg
上の写真は身頃脇の減目が終わったところです。

ラグラン線が無くなる腕と身頃に別れるところで胸騒ぎがして
暑くてたまらなかったけれど、試しに羽織ってみたら
腕周りがピチってる!
こっそり増目の回数を増やし、再びこっそり身頃で減目回数を同じだけして
帳尻を合わせて知らん顔する事にしました。


編みながらサイズ調整できる
トップダウン(襟ぐりから編む方法)は素晴らしい!!




整理整頓が苦手なもんで「コードばっかりイッパイあって邪魔だなぁ」
なんて思っていたけれど針先を変えて使う輪針(私の場合はニットプロ)は大活躍。
目を休める時にコードの部分を残してストッパー付けておけばOKなんだもの。
袖を編む時はまた針だけ付ければいいんだし。

肩が凝りにくい、セールだった、流行ってそうだった等の
よくわからない理由で購入した付け替え輪針セット。
本来はこういうとこで道具としての実力が発揮されるもんなのね♪
ゴメンヨ、ニットプロ。使いこなせてなくて。これから頑張る!(´-ω-`)



Iced
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。