スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iced:W&T

カレンダーの文字だけ秋になった9月。
秋冬用の毛糸を買ったり今シーズンの新刊を眺めた事で気分だけはすっかり秋。
なのに気温は相変わらず30度を超えて暑い、暑い、ただ、ただ暑い。



Iced06.jpg



そんな蒸し暑い気候にも負けず、冬糸で編んでるIcedは大詰めの段階に来ました!
前たてと襟をいっぺんに繋げて編むようで手持ちの一番長い輪針コードでも
追いつかないのでコードとコードを繋いで編みました。
もちろん、繋がなくても編めますが編みながら時々試着して確認したい場合は
超ロングコードにして編んだ方が確認が簡単です。



心配だったW&Tは↓のように編み進みコレで正解かどうか怪しいながらも
それなりのカタチになりつつあります。

Iced08.jpg


この部分がある事で襟が綺麗に整うらしいけど・・・現状ではよーわかりません!
ほんでもまぁ、あとはガーター編みを延々と16~17cm編むだけやし!
延々とガーター編みするのは苦痛じゃない、寧ろ好きかもしれない。
でもさすがに大きくなってくると膝上にある編み地の重さと暑さのダブルパンチ。
という事で、他の小さな物へ逃避です~♪







私が使ったのはコチラ↓のケーブルコネクター(3本入ってます)。
送料無料にするために買って何となく持ってたけど使ってみたら以外と便利でした!

カーディガンとかロングコートとかショールとかの
大物を編む時に広げて確認しながら編めるので便利です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。